バイト求人件数半減

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

Office TFPです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

新型コロナウイルスの感染拡大の

影響はアルバイト雇用にも及んでいます。

 

 

5月のアルバイトの求人広告件数は

3月の半分にまで減少しました。

 

 

 

外出自粛要請や休業要請により、飲食店

などで営業時間の短縮や休業が相次ぎ、

働き手の需要が大幅に減少しました。

 

 

 

<求人広告件数>

 

人材関連のビッグデータ分析を手がけるゴーリスト

(東京・千代田)が「フロム・エー」など主要な

求人媒体のインターネット経由での求人広告件数を

集計しました。

 

 

 

5月25日時点での求人広告件数は84万3000件あり

ました。これは、3月2日時点での198万9800件から

半減する結果となりました。

 

 

<職種別広告数>

(最も影響の大きい業種)

▪アミューズメント

・2月比増減率→-86.1%

・昨年比     →16.2%

 

 

(最も影響の小さい業種)

▪医療・福祉

・2月比増減率→-16.8%

・昨年比    →117%

 

 

 

最も求人数が変動した業種は

「アミューズメント系」で2月と

比較し、86.1%の減少となりました。

 

 

一方、「医療・福祉系」は昨年比

117%の増加となり医療現場での

人で不足が分かる結果となりました。

 

 

 

<その他変化が大きかった業種>

・アパレル系

・ホテル・旅館

・飲食系

・イベント系

 

 

<その他変化が小さかった業種>

・教育・語学系

 

 

 

今回のコロナウイルスの世界的大流行に

より、今後も業界間での明暗が大きく

分かれることが予想されます。

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Follow me!

MENU