ハラスメント保険、契約件数増加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

職場でのハラスメントに備える保険

市場が急激に拡大しています。

 

 

大手損害保険会社4社の契約件数は

2019年度までの4年間で3.8倍に

増加しています。

 

※大手損害保険会社4社とは、東京海上

日動火災、損保ジャパン、三井住友海上

火災、あいおいニッセイ同和損害保険。

 

 

 

 

今回はこのハラスメント保険について

見ていきます。

 

 

<内容>

・加入者は企業。

・ハラスメント行為への適切な対応を

怠ったなどして従業員から損害賠償を求められた

場合に賠償金等を賄う保険。

 

 

<補償範囲>

・セクハラ(2015年)

・パワハラ(2016年)

・ケアハラスメント(2017年)

・マタニティーハラスメント(2017年)

・モラルハラスメント(2020年)

 

※括弧内は、大手損害保険会社4社の内、

2社以上が取り扱いを始めた年

 

 

 

<契約件数>(大手損害保険会社4社)

・2015年度は1.7万件

・2019年度は6.6万件

 

 

 

 

厚生労働省による、職場内でのハラスメントの

相談件数は2018年度には8万件を超えました。

 

また、今年の6月にはパワーハラスメント

防止法が施行される予定となっています。

 

 

 

 

米国では、雇用関連のトラブルに備えて保険を

加入することは一般的となっています。

 

 

しかし、日本においては近年加入件数が増えて

きている状況であり、今後も増えていくことが

予想されます。

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Follow me!