先進医療から外される

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』  

 富田FP事務所です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

2019年12月5日 「第81回先進医療会議」

が開催されました。その中で「多焦点眼内

レンズを用いた水晶体再建術」が評価者に

より、2020年3月末を持って先進医療から

取り消しされることが決まりました。

 

正式には2020年3月に厚生労働省より告示

される予定です。

 

さて先進医療とはなんでしょう。

保険のきかない医療=先進医療ではありません。

高度な技術を用いた治療のうち、厚生労働大臣

から承認を受けた医療です。

 

そして健康保険と併用ができます

(先進医療分は全額自己負担になります。)

同じく健康保険が適応されないものとしては

「自由診療」があります。

 

先進医療とは健康保険の対象にできるかの

審査段階の医療で、経過を観察し、いずれ健康保険の

仲間入りをすることになります。なのでいつかは

先進医療から外れることになっています。

 

「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」

とは何でしょう?主に加齢により発症する、

白内障や老眼を効果的に治す治療です。

 

費用も65万くらいとかなり高額になりますが、

厚生労働省の先進医療実績資料によると、

日本における1年間の先進医療の実績件数の、

およそ90パーセント弱を占める術式となっています。

 

高齢化社会への加速で需要が高くなり、今回の

見直しに至ったのでしょう。

 

2020年4月以降「多焦点眼内レンズを用いた

水晶体再建術」はどのような取り扱いになるか

というと「選定療養」となります。

 

「選定療養」とは疾病に対する治療としては

認められないが、患者個人の生活向上を助ける

治療です。選定療養も保険外併用療養なので

「保険診療+差額代」の医療費が必要となります。

*差額代とは個室代や差額ベット代を指します。

 

さてご加入の医療保険等には、先進医療特約が

付いてはいないでしょうか?その場合、3月までに

手術するのがお得!と言えるでしょう。

 

3月までなら、保険で負担を全額賄えます。先進

医療特約に未加入の方の場合は、4月以降の手術が

良いと言えるでしょう。

 

4月以降は保険が適応されることで、価格競争も加わり

今より値段が下がることも見込まれます。

 

今までは先進医療として保険で賄われたため高額設定

だった医療費ですが、今後は価格が下がると見込まれます。

先進医療から外れると価格競争が起き値が下がることが

多々あります。

 

よって、今よりももっと手軽に「多焦点眼内レンズを

用いた水晶体再建術」を受けることが出来るように

なるかもしれません。

 

まずはご加入の証券でどのような内容の保険か確認

してみましょう。保険会社や保険の種類によって、

既に対象から外れている場合もあります。

 

 

 

もし、お金に関してより詳しく知りたい

という方は下も併せてごご覧ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

Follow me!