「住宅ローン控除」を受けるには・・・??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』  

 富田FP事務所です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

住宅ローン控除という言葉をご存じでしょうか。

 

 

住宅ローンを利用して自宅を購入

したり、増改築をしたりした人は、

住宅ローン残高に応じて住宅借入金等

特別控除(以下住宅ローン控除)を

受けることができます。

 

 

<制度内容>

 

住宅ローン控除とは年末時点での

ローンの借入残高の1%を税額から

控除することができる制度です。

これは、*「税額控除」に該当するため、

節税効果は非常に大きいと言えます。

 

*税額控除とはあらかじめ計算された所得税

から一定額を控除することから「所得控除」

に比べ節税効果が大きいです。

 

 

一般的な住宅は最長10年間最大で

40万円の控除を受けることができます。

また、この控除額や期間は延びること

があり、例えば昨年10月から今年の末

までに住宅ローンを組み、入居した人

に対しては消費税増税のため、控除

期間は13年に延長されます。

 

<制度の対象者>

 

この控除を受けるには以下の条件

があります。

 

(1)新築又は住宅取得から6か月以内に入居

住宅の引き渡しから入居を6か月以内に

行わないといけません。この制度は

居住用住宅をローンで借入した人を

対象とした制度であるため、投資用の

物件は控除の対象外となります。

 

(2)登記簿上の床面積が50平方メートル

以上謄本上の床面積が50平方メートルを

超えていない物件は対象外になってしま

います。

 

(3)ローンの返済期間が10年以上

返済期間が10年未満に関しては対象外

です。

 

(4)借入した人の合計所得が3000万円以下

合計所得が3000万円をこ超える年は控除の

対象外となります。

 

 

<控除を受けるには>

 

(1)必要書類

 

必要書類は以下の通りです。

 

・給与所得の源泉徴収票

・住宅ローンの年末残高証明書

・建物や土地の登記事項証明書

・建物や土地の売買契約書

 

(2)手続き方法

 

会社員の場合、2回目の控除以降は年末調整で

控除をすることができます。

しかし、注意していただきのは、1回目の控除

だけは確定申告が必要という事です。

 

(1)の書類を用意して確定申告を行う

ことで住宅ローン控除を受けることが

できます。

 

以上が住宅ローン控除の制度についてと

手続き方法となります。

 

人生において最も大きな買い物は

「住宅」と言われています。

 

なるべく安くローンを組んで、受けら

れる控除は受けてよりお得に人生最大の

買い物をしましょう。

 

 

 

もし、お金に関してより詳しく知りたい

という方は下も併せてごご覧ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

Follow me!