自然災害が多い日本、やっぱり地震保険は入るべきなの?

自然災害が多い日本、やっぱり地震保険は入るべきなの?

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

先日の大型台風が去ったと思ったら、

今度は、北海道の大地震。。。

本当に日本は

自然災害がつきません。

被害にあわれた方、

心よりお見舞い申し上げます。

先日のブログで、

自然災害による被害にあったとき、

国や地方自治体から受けられる

被災者生活再建支援制度について

書かせていただきました。

知っておこう!災害時、住宅が損壊した場合に支払われる公的支援金

支援金があるとは言っても

金額は最大で300万円です。

これでは、自宅を十分に

再建することはできません。

貯金を取り崩し建て直すにしても

数千万円規模の出費となります。

~地震保険の加入者はわずか30%~

地震保険は単体で加入することはできず、

必ず、火災保険に付帯して

加入することになります。

地震保険は、

一般的な火災保険とはことなり、

損害金額を補償するものではありません。

損害の程度に応じて、

保険金額の

100%、60%、30%、5%が

支払われます。

例えば、

地震保険金額1000万円で、

地震で壁にひびが入り、

時価3%以上の損害が出た場合、

一部損となり、

保険金額の5%、つまり

50万円が支払われます。

また、地震保険の保険金額は、

火災保険と同額に

設定することはできず、

最大で、

火災保険の保険金額の50%まで

となります。

保険金額が半分にも関わらず、

地震保険の方が火災保険より高い

といったことが、地域によっては

生じます。

地震保険は地震が多い地域は

保険料が高くなります。

高いから入らないのではなく

高いからこそ、

地震で被害を受ける確率が高い

ということです。

保険料が高い地域こそ

加入することが賢明でしょう。

なお、地震保険は、

年末調整で地震保険料控除の

対象となります。

税金が戻ることを考えると、

表面的な掛金より

割安になります。

万が一のときに

不幸にならない為に、

地震保険はケチらない方が

良さそうです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
詳しくは
↓↓↓↓↓↓
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
最後までお読みいただき
ありがとうございます。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA