外貨預金に黄色信号?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

個人の外貨預金の残高が減少に

転じています。

 

 

国内銀行の外貨預金の残高は

3月末の時点で6兆5111億円でした。

 

これは、2019年末時点と比較すると

1.6%減少となります。

 

 

新型コロナウイルスの世界的大流行に

より各国が利下げを実施。これに伴い

預金金利も低下しました。

 

 

また、アルゼンチンが実質債務不履行

状態になったことから、新興国通貨への

不安も増大しています。

 

 

<各国の政策金利>

・オーストラリア準備銀行→0.25%(過去最低水準)

・南アフリカ→3.75%(過去最低水準)

・米連邦準備理事会(FRB)→ゼロ金利

 

 

<みずほ銀行の場合>

・ドル1年定期→0.35%(1年前比▲0.23%)

・豪ドル→0.4%(1年前比約半分)

 

 

新型コロナウイルスの影響で世界的に経済が

停滞している状況が続いています。

 

元々は、日本と金利差が大きいため

人気を得ていった外貨預金だが、

現在は世界各国が政策金利を引き下げた

ことで金利差は生まれにくい状態と

なっています。

 

 

また、経済状態が不安定な中貯蓄として

置いておいた預金を取り崩す人が

増えていくことも外貨預金の残高の

減少に影響しているのではないでしょうか。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Follow me!