児童虐待、10年で約4倍に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

児童虐待の件数が年々増加しています。

 

全国の児童相談所が児童虐待相談の対応を

した件数が、2018年度に15万9838件に

のぼりました。

 

これは、10年前の2008年と比較すると

約4倍増えていることになります。

 

 

また、新型コロナウイルスの流行により外出

自粛が求められる中、生活上のストレスや

経済的不安が高まることでDVや児童虐待の

リスクは高まります。

 

 

 

 

<児童虐待とは>

児童虐待には以下の4種類があります。

・身体的虐待

・心理的虐待

・性的虐待

・ネグレクト(育児放棄)

 

 

この中で近年特に増えているのが、心理的

虐待です。この心理的虐待には、家庭内で

DV(ドメスティック・バイオレンス)を

目撃している場合も含まれます。

 

 

<対策>

政府は2019年度から2022年度を体制強化

期間としました。

 

・児童福祉司の増員

2022年度末までに約2000人増員することが目標

 

・児童虐待防止法の改正

2019年6月に改正。2020年4月に一部を除き

施行。

 

 

・体罰の禁止

法改正により2020年4月より体罰の禁止が

法律に明記されました。

 

 

 

政府による児童虐待件数減少へ向けた

取り組みは行われているが、まだ不十分な

点もあります。

 

今回のコロナウイルスの流行により、

新しい生活様式が見直されていく中で

児童虐待件数を減らすことは社会全体で

の取り組みとなる必要があります。

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Follow me!