犬と猫 どちらがお金かかる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

 

犬や猫などといったペットを現在

飼っているもしくは今後飼おうと

思っている方は多いのではないで

しょうか。

 

 

 

今回はそんなペットの中でも

「犬」と「猫」に絞って、

『支出』という観点から

どちらがペットにかかる

年間支出額が大きいか見ていきます。

 

 

 

 

ペット保険を取り扱うアイペット

損害保険がペットへの年間支出額に

関するアンケートを行いました。

 

 

 

<犬の場合>

犬の飼い主を対象に行った2019年の

年間支出額のアンケートは以下の

ような結果となりました。

 

 

・5万円~10万円未満と回答した人が

 最多の37.7%

・次いで、5万円未満が29.9%

 

 

<猫の場合>

猫の飼い主を対象に犬の飼い主と

同様のアンケートが行われました。

 

 

・5万円未満が最多で44.4%

 

 

 

また、以下のような結果も出ました。

 

・2018年と比較して「支出が増えた」と

 回答した人は約25%

 

・支出額の割合でトップは「診療費」、

 2番目は予防費用

 

 

 

今回のアンケート結果から、猫より犬の方が

年間の支出額が多い傾向にあるということが

分かります。

 

ペットの場合、公的保険制度がないため

人間より医療費が高くなってしまう場合が

あります。

 

 

今後、ペットを飼うことを検討されている方、

どのペットを飼おうかなと悩まれている方は、

今回のように、「支出面」で検討してみるのも

1つかもしれません。

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Follow me!