◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

出産にかかる費用は平均して

50万円程度と言われています。

 

正常分娩は病気ではないため、全額

自己負担ですが、健康保険から

「出産育児一時金」が支給されます。

 

 

 

今回は、この「出産育児一時金」に

ついてみていきます。

 

 

 

<制度内容>

・健康保険や国民健康保険などの被保険者または

その被扶養者が出産したときに出産に要する

経済的負担を軽減するために一定の金額が

支給される制度です。

 

<支給金額>

・子ども1人につき42万円。

※産科医療補償制度加算対象出産では

ない場合は、40万4千円。

 

 

 

<受給方法>

 

以下があります。

 

・直接支払い制度

出産育児一時金の請求と受け取りを、

妊婦などに代わって医療機関等が行う制度。

出産育児一時金が医療機関等へ直接支給

されるため、退院時に窓口で出産費用を

全額支払う必要がなくなります。

 

 

・受取代理制度

妊婦などが、加入する健康保険組合などに

出産育児一時金の請求を行う際、出産する

医療機関等にその受け取りを委任することに

より、医療機関等へ直接出産育児一時金が

支給される制度。

 

 

・その他

医療機関等に出産育児一時金が直接支払われる

ことを希望しない方は、出産後に被保険者の方から

協会けんぽ支部に申請した上で、出産育児一時金を

受給する方法があります。

 

 

※直接支払制度を導入するかは、分娩施設の選択

となります。

 

※年間の分娩件数100件以下の診療所等厚生労働省に

届出を行った分娩施設は、受取代理制度を導入すること

となります。

 

※直接支払制度を導入する施設での出産であっても

その制度を利用するかは妊婦が選択できます。

 

 

参照

 

厚生労働省 『出産育児一時金の支給額・

支給方法について』

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/shussan/index.html

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇