◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』  

 富田FP事務所です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

住宅ローンを組んでいる方、

これから組むことを検討して

いる方で多くの方が悩んでいるの

は金利のことではないかと思います。

変動金利固定金利、どちらにすれば

良いのかという悩みをよく耳にします。

 

そこで、今日はどちらを利用している人

が多いのかという疑問に答えていこうと

思います。

 

最初に答えを言ってしまうと、ズバリ

変動金利の方が利用者が多いです。

 

3メガバンクで住宅ローンを新規に借りた人

の内、固定型を選んだ人は足元で30%強でした。

また、全国においても固定金利を選択した人は

2018年度30%と2年前から20%程減少して

います。この固定金利を選択した人の割合は

統計を開始した2006年度以降最低の水準

なっています。

 

そもそも固定金利は借入の全期間もしくは

一定期間は確定した金利を支払えば良く返済額

の見通しを立てやすいため人気を集めていました。

そのため、2007年度は固定金利を選択

した人が約80%いました。しかし、マイナス

金利政策により低金利状態が続いている状況

において固定金利より更に金利の低い変動金利

を選択する人が増えてきています。

 

現在、住宅ローンの変動金利はもの凄く

低くなっています。住信SBIネット銀行等

といったいわゆるネット銀行の変動金利

0.4%台で融資をしています。

 

また、住宅ローンの相談や手続きは対面で

行いたいといった人にとっても、メガバンク

0.5%程度で融資を行っています

 

住宅ローンを組むとなると今後10年、20年単位で

金利の事を考えなければならないため、

実際のところどうなるか予測はつきません。

 

しかし、過去10年、20年から遡ってみると

金利が低くなっている状況は続いています。

 

いざ選択するとなると難しいところではある

とは思いますが、変動金利を選んでいる人が

多いというのが現状です。

 

 

最後にこういった住宅ローンに関する相談も

受けることができます。これからローンを組む

人は出来るだけ低い金利で借りるために、また

既に組んでいる人はこれからの金利を低くする

ためにFPに対面で相談をしてネット銀行で借り

入れをする。これも1つ賢いやり方なのかも

しれません。

 

もし、住宅ローンに関してより詳しく知りたい

という方は下も併せてごご覧ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇