老後の年金っていくらもらえるの?

 

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

 

 

豊かなセカンドライフを送る為に、

「年金がいくらもらえるか」

はとても気になりますね!

 

 

年金は基本的に

65歳から受け取ることができます。

 

 

では、今65歳の方は、

いくら年金がもらえるのでしょうか?

 

 

まずは、公的年金の仕組みを

ご紹介します。

 

 

公的年金制度は、

2階建てになっています。

 

 

1階部分は日本に住む

20歳以上60歳未満の

全ての人が加入する

国民年金(基礎年金)部分、

 

2階部分は会社員や

公務員が加入する

厚生年金(報酬比例)部分です。

 

 

 

それでは、

65歳から受け取れる金額を

見てみましょう。

 

 

まず、国民年金は

20歳から60歳までの40年間、

保険料を納めれば満額の

779,300円(年間)を

受け取ることができます。

 

国民年金は10年以上

保険料を納付すれば

年金を受給することはできますが、

免除期間等がある場合、

受け取る金額が減ります。

 

 

 

次に、厚生年金は

加入期間と報酬額に応じて

金額が変わります。

 

厚生年金の受給資格は

国民年金の受給資格を満たし、

厚生年金の被保険者期間が

1年以上ある場合、

受給することができます。

 

厚生年金について、

金額の例をあげると

 

被保険者期間が40年間で、

標準報酬額(おおむね月給)が

 

40万円の場合、

年間100万円程度。

 

50万円の場合、

年間130万円程度です。

 

具体的にはねんきん定期便を

確認すると良いでしょう。

 

 

国民年金と厚生年金の

両方をもらう場合、

 

約78万円+100万円=178万円

 

 

配偶者は、厚生年金被保険者の

被扶養者の場合、

 

夫婦の年金を合計すると

 

178万円+78万円=約256万円

 

 

夫婦の年金額は256万円です。

ひと月に換算すると

約21万円になります。

 

 

 

老後の生活は

公的年金の21万円で

暮らせるのでしょうか。

 

 

 

総務省の調査によると、

老後の生活費は

公的年金だけでは足りないようです。

 

 

年金受給している世代の

1カ月の生活費は、

平成29年の総務省の調べによると

夫婦世帯で月平均 約29万円

 

 

夫婦で、国民年金を

満額もらっていても

月額 約13万円ですので

全然足りませんね・・・。

 

 

厚生年金をもらっても

毎月8万円程度

不足するようです。

 

 

もちろん、ライフスタイルは

人それぞれですから、

年金だけで十分な人もいれば、

全く足りない人もいます。

 

 

老後になってから困らないように

早い段階から準備することが

大切です。

 

お金の貯め方、増やし方は

「ゼロからわかる資産造りの教科書」

で学べます。

 

ダウンロードは無料です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇