◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』  

 富田FP事務所です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

「年金2000万円問題」が話題になり、

老後のお金に関する悩みを持つ人が

増えてきているのではないでしょうか。

 

老後、不安なく生活をするためには

どのくらいの金額を、どのように貯めれば

良いのか悩まれている方も多いと思います。

 

 

そこで、今回は多くの方に関係してくる、

「公的年金」について賢い受給の仕方を

見ていきたいと思います。

 

 

 

「公的年金」は、勤め先から貰う「企業年金」や

個人で資金を準備する「個人型確定拠出年金(iDeCo)」

等とは異なり1生涯受け取ることのできる年金です。

 

少子高齢化が進み受給できる金額が下がっていたり、

受給できる年齢が遅くなっているなどといった

ある種ネガティブなイメージを持っている方が

いるかもしれませんが、この「公的年金」も

制度を上手に利用していくことで、賢く、有利に

受け取ることが可能になります。

 

 

その方法とは

 

<繰り下げ受給>

 

です。

 

 

 

公的年金は原則65歳から受給が可能になりますが、

「繰り下げ受給」を行うことが可能になります。

 

「繰り下げ受給」とは、66歳以降の希望する年齢

から受給を開始する制度です。

 

繰り下げ受給を行うことで支給額を増やすことが出来ます。

 

受給開始を1か月遅らせるごとに受給額は0.7%増えます。

 

増額した年金は一生涯増額されたままになるので、

「繰り下げ受給」を行うことは、非常に有効な手段

だと言えると思います。

 

 

では、具体的にどのくらい繰り下げを行えば良いのでしょうか。

 

受給年齢を70歳まで繰り下げると、受け取り額は

81歳10か月で、65歳に受給を開始した際の総額

と同じになる。つまり、82歳以降に繰り下げを

行った際のメリットが出てくる。

 

以上のデータを見ると、女性の方が繰り下げの

メリットを受けやすいと言えるのではないか

と思います。

 

 

2018年の日本人の平均寿命は、男性81.25歳、

女性が87.32歳となっている。

 

平均寿命から考えると男性は70歳まで繰り下げると、

メリットが出るか出ないか、もしくは出ても少し

だけの可能性が高いのに対して女性は男性より

メリットが出やすいと言えます。

 

 

ただ、やみくもに繰り下げを行えば良いのかと言えば

そうではありません。

 

65歳時に手元に資金がなくなってしまっている

場合は、もちろんですが繰り下げをしないほうが

良いでしょう。

 

 

なので、体が健康である状況下は定年後も

雇用継続でなるべく働いたり、個人型確定拠出

年金制度を利用して、手元資金に余裕を持たせた

上で、公的年金の繰り下げ受給を行うことで、

効果が2倍3倍と膨れ上がっていきます。

 

 

 

 

今後は今回紹介した方法を頭に入れながら、

賢く老後資金を作っていくことが大切に

なってきます。

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇