こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

 

今日は、当事務所でとても多い

年金のご相談について、

お客様から許可をいただきましたので

ご紹介します。

 

Fさん(男性):64歳、年収1500万円、会社役員

妻:60歳、専業主婦

長男、長女ともに結婚し別居

 

Fさん:

もうすぐ65歳になりますが、

まだ働く予定なので、

年金は減額されると思います。

 

今のところ年金を

受け取らなくても大丈夫ですが…。

 

損したくないので

年金のもらい方を教えてください。

 

FP:

65歳で働いていても、

基礎年金は調整されませんので

全額受け取れます。

 

厚生年金は、収入に応じて

調整されますが、

Fさんの場合、収入が

多いので全額停止ですね。

 

65歳未満の配偶者や

高校生以下のお子様がいる場合、

加給年金が支払われますが、

厚生年金が停止されると

加給年金も停止されます。

 

Fさん:

そうすると、

私の厚生年金はどうなるのですか?

 

FP:

お勤めしていれば

70歳まで厚生年金に加入し

保険料を負担します。

その分、受取金額は増えます。

 

Fさん:

基礎年金はもらえる

とのことですけど、

もらったほうがいいですか?

 

FP:

基礎年金は手続きをすれば

受け取れます。

満額で年間約78万円です。

 

今は受け取る必要がなければ

繰り下げることができ、

1か月あたり0.7%増えます。

 

70歳まで繰り下げれば42%増です。

しかし、早く亡くなってしまうと

受け取る年金の総額は

少なくなりますから、

なんとも言えませんね。

 

ちなみに、

70歳まで繰り下げた場合、

損益分岐点は81歳くらいです。

 

Fさん:

今のところ健康だから

長生きしそうだけど…。

 

年金を繰り下げて、

もらわずに死んでしまったら

どうなるの?

 

FP:

遺族が未支給年金を

請求することができます。

 

その場合、65歳までさかのぼり、

繰り下げしない前提で

65歳から亡くなった時点まで、

支払われなかった年金分が受取れます。

また、本人に健康上の不安が生じて

長生きできないと思う場合も、

申請すれば繰り下げを

しなかったものとして、

65歳から申請日までの年金を

まとめて受け取ることができます。

 

Fさん:

じゃ、繰り下げを選んでも

損しなさそうですね。

 

今の収入が結構あるから、

年金受取ったらさらに

税金が増えそうだし…

 

FP:

いやいや、年金には

公的年金控除があって、

65歳なら年間120万円まで

受け取っても非課税ですよ。

 

Fさん:

ますます悩むなあ…

 

 

 

FPコメント

年金を受給するか、

繰り下げするか、

繰り上げするか

といった相談はよく受けます。

 

損得で考えると、

寿命がわからない限り

答えがでません。

 

どんな選択をしても

後悔しないために、

年金の仕組みだけでなく、

税金や社会保険のことも

知った方が良いでしょう。

 

年金のことは年金事務所や

ファイナンシャルプランナーに

相談できます。

 

また、ライフプランを作って、

年金を今受け取った場合、

繰り下げた場合などの

シミュレーションを

出してみるのも良いでしょう。

 

年金のことを詳しく知りたい方は

「ゼロからでもできる資産造りの教科書」

第2章で学べます。

 

ダウンロードは無料です。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
貯金,預金,学資保険,学費準備,子育て,教育費,
ライフプランニング,家計相談,無料相談,ファイナンシャルプランナー,
老後資金,投資信託,iDeCo,つみたてNISA,仮想通貨,ビットコイン,
生命保険,損害保険,資産運用,東京,荒川区, 南千住,べるぽーと汐入 ,
富田FP事務所,FPサロン,フォーチュンフィールド,子育て世帯専門,貯蓄額ゼロ,
積立投資プランニング,保険相談,節税、法人保険、社長保険、コンサルティング