日本では毎年、

約37万人の方が

がんによって亡くなっています。

 

 

がんにかかる可能性(罹患率)は

年齢とともに高まりますが、

 

特に働き盛りの女性では、

同世代における男性の

罹患率を大きく上回っており、

 

20代では男性の約1.6倍、

30代では男性の約2.3倍

もの開きがあります。

 

 

 

先般、京都大高等研究院の

本庶佑特別教授が、

免疫を抑制する効果をもつ

「PD-1」という分子を

発見した功績により

ノーベル生理学・医学賞を

受賞されましたが、

 

この研究をもとに新しい

がん治療薬が開発されたように、

医療技術は日々進歩しています。

 

早期発見、

早期治療によって

治せるがんが増えている

ということです。

 

 

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

 

 

自覚症状が出る前に

がんを見つけることができる

『がん検診』は

死亡率を減少させる

確実な方法です。

 

検診によって早く

がんが見つかれば、

生存率に差が出るという

ことも分かっています。

 

 

■がんの5年相対生存率

(がんと診断された人のうち、

5年後も生存している割合)

 

A.検診でがんが発見された場合 

B.検診以外でがんが発見された場合

 

・胃がん :A.87.8% B.53.3%

・結腸がん:A.92.6% B.63.8%

・直腸がん:A.90.4% B.60.2%

・肺がん :A.45.8% B.16.3%

・乳がん :A.92.8% B.83.7%

・子宮がん:A.94.1% B.71.3%

厚労省「がん対策推進企業アクション」

(平成5年~平成8年診断患者)

 

 

がんの早期発見・

早期治療ができれば、

それだけ完治の可能性が

高くなるだけでなく、

 

治療に要する費用や時間などの

負担も軽くなります。

 

 

がん検診の定期的な

受診が重要であることを、

 

どうぞ忘れず

心に留めておいてください。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇