保険を見直すときのポイント、保障の空白期間に要注意

 

 

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

 

 

保険を見直すポイントは、

保障額に過不足があるかないか。

 

 

保険は保障が

多すぎても、少な過ぎても

ダメです。

 

 

保障が多すぎると

保険料が高くなりますし、

 

少な過ぎても、

万が一のときに自分や家族を

守れません。

 

 

ですので、

現在の必要保障額が

あなたのライフプランに適正か

どうかを確認してみましょう。

 

 

特に見直しが必要なタイミングは

就職、結婚、出産といった

大きなライフイベントを迎えたときです。

 

 

子どものための積立や

家族の保障額を見直したり、

ライフプランに合わせて

保障額を検討する必要があります。

 

 

注意したいのは、

貯蓄型の保険の解約です。

 

 

貯蓄型の場合、

解約の時期によっては、

払戻金が掛け金を下回る可能性があります。

 

 

 

また、保険を見直すとき、

保障の空白期間が生じないよう、

新しい保険が開始した後に

既存の保険を解約しましょう。

 

 

その際、

保険料の二重払いが生じないよう、

ファイナンシャルプランナーに

相談してください。

 

 

保険の見直し方について

より詳しく知りたい方は、

「ゼロからでもできる資産造りの教科書」

第3章で学べます。

 

ダウンロードは無料です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇