ライフプランをエクセルで自作するポイント

ライフプランをエクセルで自作するポイント

 

 

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

Office TFPです。

 

 

マイホームを買いたい!

家族で海外旅行したい!

子どもに十分な教育をさせたい!

車を買い替えたい!

会社を辞め独立したい!

など、

 

みなさんそれぞれ、

夢や目標があると思います。

 

 

特にない、という人も

カツカツな生活を送る毎日より

暮らしに余裕がある方が

良いと思います。

 

 

自分らしく、

ゆとりのある生活を送るには、

今やるべきことをはっきりさせ

計画的に蓄えていくことが大切です。

 

その為には、ライフプラン・

マネープランを立てる事が、

欠かせませんね。

 

 

 

最近ではライフプランが徐々に

浸透してきました。

 

 

中には無料でライフプランを作成する

保険営業の方

不動産営業の方

証券会社の方

銀行員の方などもおりますが、

 

その先に商品営業が

待っていることから、

 

 

ライフプランを自作する!

という方も増えてきました。

 

 

人に頼らず、

まずは自分で頑張る姿勢は

大変良いと思います。

 

 

しかし、自作するにも

「何から手を付けたら良いのか?」

という方がほとんど。

 

そして出来上がった

ライフプランを眺めながら、

「果たしてこれで合っているのか?」

 

さらに、改善が必要な点に対し

「何をやったらよいかわからない…」

 

 

といったお声をよく聞きます。

 

 

今回は、自分でライフプラン・

マネープランを作成する

ポイントを解説していきます。

 

 

 

以前は手書きで

キャッシュフロー表を作成しておりましたが、

1年ごとに電卓で計算しながら

数字を入れていくのは大変です。

 

今はエクセル作成することができます。

 

 

まずは、横軸に年数を入れていきます。

和暦よりも西暦の方がわかりやすいです。

 

次にご家族の年齢を入れます。

 

1年ごとに年齢がアップしていき、

子どもが成人式の時に自分は何歳など、

リアルに感じることができます。

 

 

縦方向には

収入、ダブルインカムの場合は

それぞれ分けて入れた方が良いでしょう。

 

次に支出、

こちらも生活費、住宅費、教育費など

項目を分けて入れます。

 

そして収支欄を作り

数式を入れ、収支の残高を算出します。

 

金融資産残高の欄には

前年の金融資産残高に収支を加減し

今年の金融資産残高を求めます。

 

 

これを横軸方向に年数分繰り返します。

 

また、賃金や生活費などは変動するので

変動率などが入るとより良いです

 

 

 

ただ、これらの中には

わからない数字・金額が出てきます。

 

たとえば、私立大学の入学金は

いくらかかるのだろう…とか、

 

年金はいくらもらえるのだろう…

とかです。

 

 

調べながら入れようとしても

どう調べたら良いか、

情報が多すぎてどれが正しいかわからない、

など、

 

この調べる作業にも

多くの時間を費やします。

 

Office TFPでは

自分で簡単にライフプランを作成できる

エクセルシートを提供しております。

 

 

収入や支出の変動率は

自動で反映されますし

 

教育費など、調べなくても

学校の種類を選択すれば

自動で反映されるものになっています。

 

 

 

ライフプランを自作したい

という方、

ぜひライフプラン・エクセルシート

ご利用ください。

Store

 

 

Follow me!