実質賃金、前年同月比減少

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

Office TFPです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

厚生労働省が9日に4月の毎月の

勤労統計調査*の結果を発表しました。

 

 

*速報、従業員5人以上

 

 

<現金給与総額>

・現金給与総額は275,022円(0.6%減)

・うち、一般労働者は355,539円(0.6%減)

・パートタイム労働者は95,114円(3.9%減)

 

 

<所定内給与>

 

 

所定内給与とは、きまって支給する給与の

うち所定外労働給与以外のもの。

 

・所定内給与は315,804(同水準)

 

 

 

 

 

<所定外給与>

 

所定外給与とは、所定の労働時間を超える

労働に対して支給される給与や、休日労働、

深夜労働に対して支給される給与。

Ex)時間外手当、休日出勤手当、深夜手当

 

・17,984円(12.2%減)

・比較可能な2013年1月以来、

最も大きな減少。

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大により

残業などの所定外労働時間は9時間

(18.9%減)となりました。

 

これにより、働く時間が少なくなり、

残業代として稼いでいた分の賃金が減少

することとなりました。

 

 

<パートタイム労働者>

 

パートタイム労働者が全体に占める比率は

30.54%と0.55%低下しました。

 

また、1人あたりの総実労働時間は76.6

時間で9.9%減少しました。

これは、2013年1月以来最大の減少幅です。

 

 

 

 

<今後の雇用について>

企業は現在景気後退局面であり、

パートの雇用に対して消極的に

なっています。

 

 

今後も企業業績の悪化が続くことになると

一般労働者の雇用にも影響が及んで

くることでしょう。

 

また、雇用に影響がなくても働く時間が

減少することにより賃金が減少する

可能性も想定しておかなければ

いけません。

 

 

 

今回のコロナウイルスの世界的な

流行で生活様式が大きく変わる中、

影響を受ける人と受けない人との

格差を大きく生んでしまっている

かもしれません。

 

 

 

 

 

参考

 

 

『厚生労働省 毎月勤労統計調査』

https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/30-1.html

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

Follow me!

MENU