夏のボーナス4.69%減へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

日本経済新聞社が5月30日にまとめた

賃金動向調査の結果が公表され、

今年のボーナスの水準が一部明らかになり

ました。

 

 

2020年夏のボーナス(5月13日時点、中間

集計)支給額は78万1287円となりました。

(前年比▲4.69%)

 

前年比マイナスとなったのは2年連続で減少幅は

昨年が0.69%であったのに対し、今年は4.69%と

広がる結果となりました。

 

 

 

調査対象の内、27.6%が「今回のボーナスにコロナ

ウイルスの影響が出ている」と回答。

また、48.8%が「次回以降にマイナスの影響がありそう」

との回答がありました。

 

 

【業種別前年比較】

 

<製造業全体>

▲5.09%

 

・食品

▲0.62%

 

・電機

▲3.59%

 

・自動車・部品

▲7.68%

 

・精密機械

▲8.74%

 

・雑貨・その他製造

▲1.88%

 

 

<非製造業全体>

▲2.37%

 

・建設

6.83%

 

・百貨店・スーパー

▲0.67%

 

・その他小売業

13.01%

 

・陸運

▲5.3%

 

・外食・その他サービス

2.47%

 

 

 

新型コロナウイルスによりマイナスの影響が

多い中、「巣ごもり消費」で恩恵を受けた会社

と明暗が分かれる結果となりました。

 

 

今回のボーナスの件にとどまらず、今回のコロナが

きかっけとなり様々なところで「明」と「暗」が

はっきりする社会が来るかもしれません。

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Follow me!