住宅ローンの審査を通りやすくするためには

住宅ローンの審査を通りやすくするためには

 

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

 

多くの人にとって、

住宅は一番大きな買い物と

言えるでしょう。

 

会社員の方であれば、

住宅ローンより高額な

借り入れをすることは

ありません。

 

今日は、

住宅ローンの審査を

通りやすくする方法について

ご紹介いたします。

 

 

銀行員が審査するポイントは

次の3つです。

 

  • 収入額
  • 勤続年数
  • 他の借り入れなど信用情報

 

 

  • 収入額に対して

借入金額が大きすぎると

返済が困難になります。

 

借入額の審査では、

「返済負担率」をもとに

算出します。

 

返済負担率とは、

年間の返済額÷年収により

計算します。

 

年収400万円未満の方は30%まで、

年収400万円以上の方は35%まで

が一般的です。

 

返済負担率はあくまでも目安です。

 

あまり高くし過ぎると

収入や生活状況が変わったとき

返済が苦しくなりますので、

注意しましょう。

 

 

  • 勤続年数は3年以上など

長い方に審査が通りやすく

なります。

 

転職して1年未満だと、

金融機関側も、

収入が安定していないのでは?

とか、

早期に退職して返済が

できなくなるのでは?

と考え、

審査に通りにくくなります。

 

最低でも1年以上

同じ会社に勤めてから

ローンの相談をされた方が

銀行側の印象は良いでしょう。

 

 

  • その他の借り入れ信用情報

 

住宅ローンの審査では

信用情報も重要です。

 

クレジットカードの支払いが

期日より遅れると

審査には悪影響になります。

 

期日に1日でも遅れると、

信用情報に2年間

記録されるので注意しましょう。

 

その他の債務の申告をする際、

奨学金の返済や

携帯電話端末の分割支払いも

申告の対象になります。

 

また、

クレジットカードなどの

キャッシングを

利用していなくても、

その枠があるということは、

いつでも現金を借りることが

できてしまうため、

その他の債務の枠に

カウントされます。

 

利用していないなら、

キャッシング枠を閉鎖

した方がよいでしょう。

 

 

ご紹介した内容は

一般的な条件です。

 

ローン審査は

金融機関により異なります。

 

具体的には

借り入れ予定の金融機関に

相談すると良いでしょう。

 

また、お金の管理方法は

「ゼロからでもできる資産造りの教科書」

で学べます。

 

ダウンロードは無料です。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA