DCの上手な受け取り方とは?

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

日本橋Family Officeです。

 

DCとは「確定拠出年金」のことであり、

「企業型」「個人型=iDeCo」などの名前でも知られています。

 

老後の資産形成方法として人気の高いDCですが、

実際に受け取る場合を考えたことはありますか?

 

今回は、上手にDCを受け取る方法についてお知らせします。

 

 

まず、DCの受け取り方は、以下の3パターンがあります。

 

1、一時金方式
 (一括でもらう)

 

2、年金方式
 (毎年分割でもらう)

 

3、1と2の併用

 

 

2「年金方式」は、受け取る総額が若干多くなりますが、

社会保険料の計算対象となり、手元に残る金額が

少なくなる方が多い傾向にありますので、

今回は1「一時金方式」について話をすすめていきます。

(1は社会保険料を取られません。

 

 

【一時金方式で受け取る場合】

一番気を付けたいのは、税金の控除枠が企業からもらえる

「退職一時金」と同じ枠で計算される、という点です。

 

 

【退職所得控除の計算方法】

勤続20年未満の場合   40万円×勤続年数

 

勤続20年以上の場合  800万円+ 70万円×(勤続年数-20年)

 

 

つまり勤続年数が

15年なら600万円、20年なら800万円

30年なら1,500万円、35年なら1,850万円

まで、課税されません。

 

 

「退職一時金」と「DC」を合わせた金額が、

上記の控除額を超えた部分は、課税対象となるため、

退職金の多い会社員はそれだけで控除枠を

使い切ってしまうケースが多くみられます。

 

そうなるとDCで受け取る金額全額課税される

なんてこともあり得るのです。

 

ちょっと損したような気に
なっちゃいますよね…。

 

 

▷▶▶そこで、FPからのアドバイス◀◀◁

受け取る年をずらすことで「退職一時金」と「DC」

それぞれで控除枠をフルに使うことは可能になります。

 

ところが、「1年ずらすだけではダメ」なので要注意です!

 

退職所得控除を計算する際、以下の期間は、「重複期間」とされ、

それぞれフルで控除枠を使えません。

 

退職一時金:受け取る前4年間

 

DC:受け取る前14年間

 

ということは、控除枠をフルに使いたい場合、

以下の様に受け取ればよいことになります。

 

DCを受け取る15年以上前退職一時金を受け取る

退職一時金を受け取る5年以上前DCを受け取る

 

一般的な退職年齢60歳~70歳で考えると、

①の方法では「60歳に退職、DCの受け取りを75歳以降」

としたいところですが、DCの受け取りは70歳までなので不可能です。

 

一方、は、DCの引出しが原則60歳以降であることを考慮しても、

退職年齢が65歳であれば、DCを60歳で受け取り

フルで控除枠を使うことが可能となります。

 

現実的ですね!DCの受け取りの際は、参考にしてみて下さいね。