高齢などを理由に、自分の資産管理が

難しくなってしまったら、

どうしたらいいのでしょうか…。

 

それを解決してくれる一つの方法として、

今、家族信託が注目されています。

 

信託とは「信用して(財産などを)

人に委託すること」をいいます。

 

家族信託とは、

その信託の仕組みを利用して、

自分の資産管理や運用、処分、相続などを、

信頼できる家族や親族に託す方法です。

 

どのような方法で資産管理をし、

どのような方法で次世代に

相続していくのかなどについては、

資産を託す人(委託者)と

資産を託される人(受託者)

の間で信託契約を結び定めます。

 

契約を結ぶ段階で、自分の資産を

この先どのようにしていくのかを

決めることができるため、

委託者としても安心です。

 

判断能力が衰えてきた人の

資産を管理する方法としては、

成年後見制度があります。

 

しかし、成年後見制度では

財産管理をする後見人を

自由に選ぶことはできず、

裁判所が定めた人がなります。

 

また、リスクをとって資産を運用したり、

自由に売却したりすることもできません。

 

その点、家族信託では、

信託契約に従い、資産を比較的自由に

運用管理することができます。

 

家族信託はまだ新しい制度ですが、

今後は益々広がっていくことでしょう。

 

 

初回無料相談は↓

http://1af.jp/zerocon/