~老後の医療と介護について~

 

こんにちは!

富田FP事務所です。

 

 

老後の心配の一つに

医療と介護があります。

 

 

 

今は元気でも

老齢になると

病気になるリスクがあるので

やはり心配ですよね。

 

 

 

そこで今回は、

老後の医療と介護について

知りましょう。

 

 

 

まず、現在の

医療費についてです。

 

 

 

現在の健康保険の自己負担額は

6〜70歳未満で3割、

70歳以上は、所得により

1割~3割負担と

なっています。

 

 

 

この医療費で知っておきたいのは

“高額療養費制度” というもの。

 

 

 

この制度は

自己負担額が高くなったときの

負担軽減のためにあります。

 

 

 

1ヶ月の医療費の自己負担額が

上限を超えると、

超えた分が後に払い戻されます。

 

 

 

次に介護費について。

要支援・介護者の状態に合わせた

介護サービスを

1割負担で受けることができます。

 

 

 

そして、介護サービスには

1ヶ月あたりの支給限度額が

決められています。

 

 

 

この限度額を超えて

サービスを受けた場合や

介護保険の対象外のサービスを

受けたときは

全額自己負担となります。

 

 

 

以上、

老後の医療・介護費について

大まかにですがご紹介しました。

 

 

 

老後は何かと不安ではありますが、

その不安を解消するためにも、

知ることは大切です。

 

 

初回無料相談は↓

http://1af.jp/zerocon/

 

最後までお読みいただきまして、

ありがとうございます。