☆2020年は子年、ネズミは縁起の良い生き物☆①

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』  

 富田FP事務所です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

来年2020年の干支(十二支)は

子(ね)年」でネズミになります。

 

動物のネズミは駆除の対象とされ

好かれる存在ではないですが、

古来よりの伝承では縁起の良い生き物として、

またミッキーマウスやトッポ・ジージョ、

トムとジェリーのようにキャラクターとして

とても人気のある存在となっています。

 

今回は、子年・ネズミに関するお話を

3回に渡って一話ずつお送りいたします。

 

■ 縁起の良い生き物 ■

『漢書 律暦志』では、子は本来「増える」

を意味する「孳」という字で、

種子の中で新しい生命が

やどし始める状態を指します。

 

また、急激に増えることを

「ネズミ算式に増える」というように、

ネズミは多産で強い生命力を持つ

(ハツカネズミは一度の出産で

 6~8匹生むことができ、3~4週間程度で

 成熟し子供が産める)ので、

繁栄の象徴として使わることもあります。

 

相場の格言でも「子(ね)は繁栄」とあり、

子年は上げ相場になるといわれています。

 

インドではシヴァ神の子で象の頭を持つ神、

ガネーシャがネズミに乗っていたことから、

ネズミは神格化されています。

 

古代中国でも、ネズミを火事や地震が起こる前に

安全な場所に移動する「未来を知る神獣」

として大黒天の使者とする考えが生まれ、

 

日本では『古事記』の神話で

ネズミが大国主命を救う話があります。

 

 

このように、象徴・モチーフとしては、

縁起の良い生き物なのです。

 

さて、次回はそんなネズミに関する

寓話をお送りいたします。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所では

 

子育て世帯専門+地域特化型の

ファイナンシャルプランナーで

 

^^^^^^^^^^^^^^^^

創業から11年間、

7,500件以上の

コンサルティング実績で

^^^^^^^^^^^^^^^^

 

確かな専門性から、

各家庭に最適なご提案を 1人1人、

1家族1家族の

ライフプランに特化して行なっています。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

只今!初回無料コンサル実施中!

詳しくは ↓↓↓↓↓↓

http://1af.jp/zerocon/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

最後までお読みいただき ありがとうございます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Follow me!

MENU