人生100年時代戦略

 

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

 

政府は「人生100年時代戦略本部」を立ち上げ、

社会保障の改革を検討しています。

 

急速に進む人口減少と

長寿化する社会において、

社会保障の持続可能性は受益と負担の

バランスで決まります。

 

構造変化に対応するためには、

社会保障の給付抑制や

税金等の負担増は避けられません。

 

では、どのような対策が必要でしょうか。

一般的な概要を年代別にお伝えします。

 

 

2~30代

お金を貯める習慣を付けましょう。

まずは、年収の2割程度、

目標は3割程度がんばりましょう。

 

リタイアまで期間があるので、

預貯金ではなく、

投資を行うと良いでしょう。

 

 

40代

子どもにお金がかからないうちに、

がんばって貯蓄・投資を行いましょう。

 

習い事や学習塾などはほどほどに。

 

節税できる確定拠出年金や

個人年金などを活用すると

良いでしょう。

 

 

50代

収入が急に増えることがあります。

余裕ができても過信は禁物、

計画的に貯蓄しましょう。

リタイアまであまり長くないので、

変動の少ない商品がよいでしょう。

 

贅沢癖はなかなか治りません。

高収入な家庭程、

年金とのギャップに

対応できなくなりますので

注意してください。

 

また、子どもがいる家庭では

お金がかかる時期です。

収支が赤字になり預貯金を

取り崩す方もおりますが、

収入の範囲で収まるよう努力しましょう。

 

 

60代

できるだけ長く働きましょう。

退職金をもらったら、

すぐに使うお金と

しばらく使わないお金を見極め、

運用し、お金の寿命を延ばす

工夫をしましょう。

 

 

70代以上

介護や医療にお金がかかる時期です。

健康に気を付けることで、

旅行などの趣味を

長く続けることができます。

100歳まで生きることを前提に

資産取り崩し額を計算すると

よいでしょう。

 

 

お伝えした内容は一般論です。

実際、マネープランはみな異なります。

あなたに合った方法を見つけるために

ライフプランをつくると良いでしょう。

 

ライフプランの立て方、

お金の増やし方は、

ゼロからでもできる資産造りの教科書

でも学べます。

 

ダウンロードは無料です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇