こんにちは

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

 

 

今回は、結婚式欠席のときでも

ご祝儀は必要かどうかついて

ご紹介します。

 

おめでたいことなので

出席できればよいのですが、

欠席の場合もありますよね。

 

そのような場合、

どうしたら良いのでしょうか。

 

それは、結婚式を断る時期や、

相手との関係性によって

異なります。

 

あまり、関係が深くなく、相手が

招待状を作る前の段階でしたら、

お祝いの言葉や結婚祝いを

渡しても良いですね。

 

もし、出席する予定だった

結婚式を直前に欠席しなければ

ならなくなった場合、

式場の手配もしてあります。

 

その場合は、当日に渡すはず

だった金額をそのまま渡した

方が良いです。

 

結婚式までに渡せる時間が

あれば、結婚式前に渡しましょう。

 

一般的にご祝儀とは、のし袋に

入れて渡す現金のことです。

 

それに対して、結婚祝いとは

新郎新婦に喜んでもらえそうな

品物のことを言うことが多いです。

 

毎月決まって出費がある

食費や光熱費とは異なり、

予想がつかないのが

冠婚葬祭等の交際費です。

 

色々なことに対応できるよう、

ある程度の貯金があると

良いですね。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

 

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所では  

子育て世帯専門+地域特化型の

ファイナンシャルプランナーで 

 

 ^^^^^^^^^^^^^^^^

創業から12年間、

7,500件以上の

コンサルティング実績で

^^^^^^^^^^^^^^^^

 

確かな専門性から、

各家庭に最適なご提案を

 

1人1人、1家族1家族の

ライフプランに特化して行なっています。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
只今!
 
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
 
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

貯金,預金,学資保険,学費準備,子育て,教育費,
ライフプランニング,家計相談,無料相談,ファイナンシャルプランナー,
老後資金,投資信託,iDeCo,つみたてNISA,仮想通貨,ビットコイン,
生命保険,損害保険,資産運用,東京,荒川区, 南千住,べるぽーと汐入 ,
富田FP事務所,FPサロン,フォーチュンフィールド,子育て世帯専門,貯蓄額ゼロ,
積立投資プランニング,保険相談