こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

 

10月の消費税増税開始と同時に

導入される「ポイント還元制度」

 

ご存じだと思いますが、

クレジットカードや電子マネーなどで

商品やサービスの代金を支払うと、

中小企業や個人が経営する小売店・飲食店なら

5%をポイントで還元するものです。

 

大手フランチャイズ店でも

2%を還元します。

 

実施期間は10月から2020年6月末までの9か月間。

 

経済産業省の公表によると、

JCBや三井住友カード、三菱UFJ銀行、

LINEペイなど計116社の決済事業者が

参加する見込みです。 

 

JCBが全国の20歳から69歳の

男女1000名を対象に調査した

「キャッシュレスとデビットカード利用意向」から

キャッシュレス関係と年度目標のデータを紹介します。

 

■キャッシュレス化促進の起爆剤に?

「ポイント還元開始前、買い控え志向になる」かどうか

聞いたところ、同意率は35.3%、

不同意率は64.7%となっています。

 

すぐに必要でないものは、

還元されるポイントを狙って

ポイント還元が始まってから買おう

と考えている人も少なくないようです。

 

また、「ポイント還元開始後、

キャッシュレス決済の頻度が増える」かどうか

については、同意率は51.9%、不同意率は48.1%に。

 

半数以上がキャッシュレス決済の頻度が増すと回答しており、

ポイント還元制度はキャッシュレス化を

促進させる起爆剤になるかもしれません。

 

さらに、「ポイント還元実施中は、

還元率の高い店を優先的に利用したい」かどうか

聞いたところ、同意率は57.2%、

不同意率は42.8%となりました。

 

ポイント還元実施期間中は、

ポイント還元率がお店選びの条件に加わりそうです。 

 

■新年度の目標「貯蓄」「生活費の見直し・節約」

が5年連続1、2位

 

この調査では「新年度(4月から)の目標」も聞いており、

1位は「貯蓄」(38.3%)

2位「生活費の見直し・節約」(28.4%)

3位「仕事や家事の効率UP」(21.7%)

4位「ダイエット」(20.5%)

5位「趣味力UP」(17.5%)

となっています。 

 

「貯蓄」は、2015年の調査開始以来、

5年連続トップ、

 

「生活費の見直し・節約」は5年連続2位に。

 

将来不安が依然として高いためか、

消費者の貯蓄志向や節約志向は根強いようです。

 

「ポイント還元!」と無理やり期間中に

不要な物を購入することなく、

本当に必要なものを購入し、

賢くポイント還元を利用したいものですね。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

只今!
 
ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
 
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

貯金,預金,学資保険,学費準備,子育て,教育費,
ライフプランニング,家計相談,無料相談,ファイナンシャルプランナー,
老後資金,投資信託,iDeCo,つみたてNISA,仮想通貨,ビットコイン,
生命保険,損害保険,資産運用,東京,荒川区南千住,べるぽーと汐入 ,
富田FP事務所,FPサロン,フォーチュンフィールド,子育て世帯専門,貯蓄額ゼロ,
積立投資プランニング,保険相談、節税、法人保険、社長保険、コンサルティング