学資保険は不要?効率的に子育て資金を貯めるには何?

 

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

 

 

子どもの教育のため、

習い事のため、

進学のため、

 

お金はしっかり貯めていきたいものです。

 

 

でも、わかっているのに

ついつい使いすぎてしまう方も

結構いらっしゃいます。

 

 

 

そのような方は、

ライフプランを作るとよいでしょう。

 

 

なぜなら、将来かかる費用を知るのは

早ければ早いほど良いからです。

 

 

10年後に500万円必要とわかれば、

今から毎年50万円ずつ、

月に換算すれば約4万円ずつ

貯蓄すれば十分でしょう。

 

しかし、半年後に500万円必要と

判明した場合、

すでに十分な貯蓄があればよいのですが、

なければ借り入れしなければ

ならないでしょう。

 

 

将来の費用を知るためには、

ライフプランの作成が要。

 

具体的には、まず

自身の家計収支を記録し、

年間の収入と支出を把握します。

 

 

次に年表を作って、

子育てや暮らしの計画を立てます。

 

例えば、

子どもの進学プランや

マイホームの購入、

車の買い替え、

家族旅行など

年表に盛り込んでいきます。

 

 

そして、

生活費やそれぞれのプランに

かかる費用を入れていきます。

 

 

すると、

何年後に、

何があって、

いくら必要か

ということがわかります。

 

 

 

単純に

「毎月10万円ずつ貯蓄する」

という「目標」を立てても、

人間は弱いものですから

なかなか続かないものです。

 

しかし、

「目的」を明確にすると

それに向かって頑張れるものです。

 

 

 

貯蓄をするとき取り入れたいのは、

「先取り貯蓄」という方法。

 

お給料が入ったら、

生活費などを使い、

残ったお金を貯蓄する

 

という方法ではなかなか貯まりません。

 

 

なぜなら、

メンタルアカウンティングといった

言葉がありますが、

 

お金を一旦、生活費用の

口座に振り分けると、

それをすべて使っていいものと

認識してしまうようです。

 

 

 

ですから、

お給料が入ったら、

先に決めた金額を貯蓄し、

残ったお金で生活する

 

という方法が一番確実で計画的に

お金が貯まるのです。

 

 

 

その際、

給与天引きや

銀行引き落とし

など、

自動で貯められる仕組みを

利用すると良いでしょう。

 

 

具体的な貯め方殖やし方は

富田FP事務所でご紹介しております。

 

ライフプランの作成も承っておりますので、

ぜひ一度、ご相談ください。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇