私立高校無償化ってどんな制度?

こんにちは、
『家計の健康促進パートナー』
Office TFPです。

2020年4月から私立高校の授業料実質無償化がスタートしました。

これまでの「就学支援金」は年収約910万円未満の

世帯が受けられる支援で、公立高校の授業料が実質無償化

される金額でしたが、今回の改定により支援金額がUPし、

私立高校の授業料も実質無償化になります。

【制度概要】

従来より、「高等学校等就学支援金」の制度では

国公私立問わず、年収約910万円未満の世帯には

公立高校の授業料相当額の118,800円が国から

支援されています。(図1-①)

また、私立高校に通う年収約590万円未満の世帯には、

所得に応じて段階的に支援金が上乗せ支給されていました。(②)

それが、2020年4月より、私立高校に通う所定の条件を満たす

世帯には、支援金上限額が396,000円までに引き上げられました。(③)

さらに、平均授業料が他の地域より高い東京都は、独自の支援として、

都内に居住する私立高校に通う世帯に対して、

支援金を461,000円までに増額するとともに、

支給条件を年収約910万未満の世帯へと緩和しています。


世帯年収別の支援額イメージは、こちら↓

 

 

 

 

 

 

上記は、両親のうち一方が働き、高校生1人または

中学生以下の兄弟姉妹がいる家庭の場合の支援額になります。

 

両親の就労の有無、「子の人数と年齢」により

支給条件の年収上限が変わります。

以下に、両親の就労の有無と、子の人数・年齢別の年収上限を、

東京都と都以外で表にまとめました。

【手続き方法】

〇 新入学生の場合、入学時の4月に

 学校から案内があります。

〇 在校生の場合、収入状況の届出を行う7月ころ、

 学校から案内があります。

それぞれの状況に応じて、学校からの案内に従ってください。

【FPコメント】

高額になりがちな私立高校の費用も、

収入状況により授業料分は支援されるので安心ですね。

しかし、私立高校の場合は入学金や施設費、

制服代などが高かったり、学校外活動費など

の出費が生じます。

高校進学まで時間がある方は事前に

計画的な積み立てを行いましょう。

高校在学中の方または高校進学間近の方は

一度家計を見直すことをお勧めします。

お子様が充実した学生生活を送るためにも、

ライフプランの策定や家計の見直しは大切です。

家計を改善したい方、現状を確認したい方も

是非Office TFPをご利用ください。

Follow me!