自然災害の発生で何が起こるかリアルにイメージを

自然災害の発生で何が起こるかリアルにイメージを

 

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

 

防災の柱は次の4つです。

1.避難場所の確認

2.防災グッズ・非常食の準備と点検

3.自宅の耐震(家具の固定等も)・耐火

4.家族との連絡方法の確認

(生活再建のための経済的備えを入れると5つ)

 

ここで大事なのは、

「実際に地震や風水害が発生したときに、

自宅や地域にどういう被害が出て、

どのような状況になるのか

を具体的にイメージしておくこと」です。

 

 

例えば地震が発生した場合、

頭を保護し、丈夫な机の下などの

安全な場所に避難、

部屋のドアを開け避難通路を確保、

揺れている間は無理に火を消そうとしない、

あわてて外に飛び出さない…、

などは知識としてはあるでしょう。

 

 

でも夜中に寝室で大地震が発生、

停電しており、本棚のガラスが

割れ床に広がっている、

という状況を具体的にイメージできれば、

 

“枕元”に

1.懐中電灯(またはスマホ)

2.靴(スリッパより望ましい)

3.厚手の軍手

が必要なことが分かります。

 

また本棚の固定、ガラスにフィルムを

貼るといった対策も

自ずと浮かんできます。

 

 

このように寝室、リビング、

台所のそれぞれの場所で何が

起こりそうかをイメージして、

それに対して何をすべきかを

考えてください。

 

 

私たちはイメージできないものには

適切な準備や心構えができません。

 

 

普段の生活の場である「自宅」、

地形や地盤の固さ、過去の水害など

「地域の特性」を踏まえて

リアルにイメージし、

「正しく恐れる」ことが

適切な対応策へと繋がります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
詳しくは
↓↓↓↓↓↓
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
最後までお読みいただき
ありがとうございます。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA