子どもの習い事にかける費用

子どもの習い事にかける費用

 

 

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

 

 

親として子どもの可能性は

できるだけ広げてあげたい

ものですね。

 

 

そのために

たくさんの体験をさせたり

習い事に通わせたり

子どものために

いろいろ経験させてあげたい

というご両親はとても

多いものです。

 

 

しかし、そのためには

お金がかかります。

 

 

例えば

幼児英会話教室は平均6千円程度

ピアノ教室は平均8千円程度

スイミングは平均7千円程度

かかります。

 

いくつか同時に習わせたいと思うと、

毎月2万円から3万円程度かかり、

 

さらに兄弟がいるならば、

その2倍、3倍と

兄弟の人数分出費が増えます。

 

 

 

今しかできないことを

たくさん体験させたいという

親心はわかりますが、

 

そのために、貯蓄ができない

生活が苦しいというのでは

本末転倒です。

 

 

 

ファイナンシャルプランナーが推奨する

貯蓄の割合は、一般的に

収入の2割程度です。

 

もちろん、収入や家族構成、

生活状況により多少異なりますが、

収入の2割以上貯蓄ができれば

理想的と言われています。

 

 

残りの8割で

生活することになりますが、

生活費や住居費にどうしても

6割程度はかかりますので、

お子様の習い事にかけられる

費用の総額は、

収入の2割程度となります。

 

 

 

お子様が小さい今、

一番貯蓄が出来るタイミングです。

 

習い事にお金を掛け過ぎ、

いざ、高校・大学に入学するとき、

 

「お金がない」

 

ということにならないよう、

しっかり計画的に貯蓄していきましょう。

 

子どもが習い事を始める時期

についてはこちら

子どもの習い事はいつから?

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

 

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所では  

子育て世帯専門+地域特化型の

ファイナンシャルプランナーで 

 

 ^^^^^^^^^^^^^^^^

創業から12年間、

7,500件以上の

コンサルティング実績で

^^^^^^^^^^^^^^^^

 

確かな専門性から、

各家庭に最適なご提案を

 

1人1人、1家族1家族の

ライフプランに特化して行なっています。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
只今!
 
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
 
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

貯金,預金,学資保険,学費準備,子育て,教育費,
ライフプランニング,家計相談,無料相談,ファイナンシャルプランナー,
老後資金,投資信託,iDeCo,つみたてNISA,仮想通貨,ビットコイン,
生命保険,損害保険,資産運用,東京,荒川区, 南千住,べるぽーと汐入 ,
富田FP事務所,FPサロン,フォーチュンフィールド,子育て世帯専門,貯蓄額ゼロ,
積立投資プランニング,保険相談

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


MENU