救急車といえば

サイレンを鳴らしながら

道路を駆け抜けていく

というイメージがあるのですが、

最近は道路で停止ランプを付けて

止まっている光景を

よく見かけるようになりました。

 

一般住宅やマンションの前で

救急車がいつまでたっても

出発せずに止まっているような

場面を目にされた方も

多いのではないでしょうか。

 

救急車の中で応急措置をやっている

には少々時間が長すぎる

と思っていたのですが、

実は受け入れ先の医療機関を

探すのに手間取っており、

出発したくてもできないのだ

ということが分かりました。

 

救急医療体制が崩壊寸前にあり、

救急患者を受けてくれる病院が

見つからないという状況が

深刻化しています。

手遅れになって

患者さんが亡くなってしまう

という悲惨な例も

時折、報道されています。

 

そこまで極端なことにならなくとも、

自宅から遠方の病院しか見つからず

後々の入院生活に

支障を来すことはよくあります。

 

ここでいざというとき

困らない生活の知恵を紹介します。

 

自宅近くの設備の整った病院で

診察カードを作っておけば

こんな時助かることがあります。

たとえ小さな病気でも

その病院で診察を受け

診察カードを持っていれば、

病院にとってはかかりつけの患者

ということになり、

救急時には全く初診の患者さんよりも

受け入れてもらえる可能性

が高くなるようです。

 

転ばぬ先の杖、

用意していて損はありません。

 

 

初回無料相談は↓

http://1af.jp/zerocon/