<妊娠・出産に関わるお金について>

 

こんにちは!

ファイナンシャル・プランナー

の富田です。

 

 

 

初めての妊娠や出産となると、

喜びが大きい反面、

少しの不安もありますよね。

 

 

 

特に金銭面については、

コストとそれを補う

制度について知れば

不安が少し軽くなるかと思います。

 

 

 

さて、実際のところ

妊娠と出産には

どのくらいのお金が必要で

どんな助成制度が

あるのでしょうか?

 

 

 

まず、妊娠をしたら

病院へ行きますよね。

妊娠から出産までに何回くらい、

健診を受けると思いますか?

 

 

 

平均で14回程度、

健診を受ける必要があると

いわれています。

 

 

 

1回にかかる費用は

3千〜1万円程度。

 

 

 

意外と大きな負担ですよね。

そんな負担を減らすために

国や自治体の助成が

年々充実してきています。

 

 

 

自治体によってやり方は様々ですが、

健診無料券を配布したり、

後々に助成金分のお金が戻ってきたり

する仕組みが多いようです。

 

 

 

分娩と入院費についても、

出産育児一時金という

制度があります。

 

 

 

入院・分娩については

平均で40万円ほどかかるのですが、

出産育児一時金は現在42万円なので

特別な医療を受けたりしない限りは

大抵一時金で補えるようです。

 

 

 

ちなみに

事前に手続きをしておけば

医療機関に直接支払われるので

立て替え不要です。

 

 

 

そして、

赤ちゃんが生まれたらすぐに

やっておいて欲しいのが3つ。

出生届と赤ちゃんの

健康保険の加入、

乳幼児医療費助成への申請です。

 

 

 

そうすることで、万が一、

赤ちゃんにトラブルが

あった場合でも

健康保険が

適用されるようになります。

 

 

 

他にも自治体によっては、

独自の助成を行なっていたり、

制度内容に多少の違いも

ありますので、

詳細については、

お住いの自治体の窓口に

尋ねてみてください。

 

 

 

最後までお読みいただきまして、

ありがとうございます。

 

 

初回無料相談は↓

http://1af.jp/zerocon/