新型コロナでお金のピンチ 万が一の安全網

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』  

 富田FP事務所です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

2020年に入り大流行している

「新型コロナウイルス」。

 

ノーベル賞を受賞した京都大学の

山中伸弥教授は「新型コロナウイルスとの

闘いは短距離走ではありません。1年は

続く可能性のある長いマラソンです。」

と述べています。

 

 

テレワークや休業等により、家計の収入が

減ってしまったり、お金のピンチを

迎えてしまっている、またこれから迎える

家庭が出てきてしまうことが予想されます。

 

 

政府は緊急経済対策として、所得が大幅に減った

世帯に対して現金の給付を検討しています。

 

しかし、これは実際いつ支給されるのかわからず、

早くても5月くらいになるのではと言われています。

 

 

そこで、いざという時の安全網を見ていこう

と思います。

 

①生活資金

 

<緊急小口資金>

最大20万円2年間無利子貸し付け。自治体の

社会福祉協議会に通帳など収入減の書類と共に

申請

 

 

<総合支援資金>

上記で足りない失業などの場合、3ヶ月にわたり

最大60万円を無利子貸し付け。償還期限10年

 

<支払い猶予>

税金は原則1年支払い猶予可能。社会保険料に

関しても猶予制度あり。電気・ガス、水道、

電話料金などでも猶予発表相次ぐ

 

 

②失業・休業

 

<小学校休業等対応助成金>

休校中の子供の面倒を見るための有給に

対し国が雇用主に助成。上限8330円

フリーランスは4100円

 

<休業手当>

会社都合休業の場合、賃金日額の60%以上

支払い

 

<失業保険>

雇用保険から賃金日額の45%~80%程度が

最長1年給付

 

 

③医療

 

<健康保険>

新型コロナ感染の場合、通常の3割負担より

軽減措置あり

 

<高額療養費制度>

健康保険がきく医療費には所得に応じて

月額に上限の制度あり

 

 

以上のように、新型コロナ対策で様々な金銭的な

安全網が用意されています。

 

 

もし、お金に困ったら上記の助成金等を利用

してみても良いかもしれません。

 

 

 

 

また、当事務所においても新型コロナ対策で

新しいサービスを始めました。

 

 

その名も「オンラインコンサルティング」です。

 

 

ビデオ会議ツール「ZOOM」を利用して、

「家に居ながら」実際に対面で行っている

コンサルティングを受けることが出来ます。

 

 

このような状況下で外出はできない、けど家計の

状況を考えなければいけない、そんな方には

ピッタリのサービスとなっているかと思います。

 

 

 

是非、この機会に「家に居ながら」

コンサルティングを受け、家計の事を

考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

お申込みは、

 

「お問合せ」⇒「予約フォーム」

⇒「プロのFPZOOMコンサル」

 

 

をお選びください。

 

5分無料相談も可能です。

 

 

まずは、お試しで5分無料相談からでも

お待ちしております。

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Follow me!