保険料控除証明書は届きましたか?

 

 

そろそろ、年末調整の時期です。

ご加入されている保険の

控除証明書はちゃんと届きましたか?

 

控除対象となる保険は次の通りです。

一般生命保険料・・・終身保険、養老保険、定期保険など

介護医療保険料・・・医療保険、がん保険、介護保険など

個人年金保険料・・・個人年金など

地震保険料・・・地震保険、旧長期損害保険など

 

その他、給与天引き以外で

社会保険料を支払った場合、

 

例えば、20歳以上の大学生のお子様の

国民年金保険料を支払った場合など、

社会保険料控除の欄にその旨を記入します。

 

また、退職金や年金の上乗せとして

小規模企業共済や企業型DC、iDeCo等の

掛け金を支払った場合はその金額を記入します。

 

 

控除証明書を見ると、

「あれ、こんな保険入ってたっけ?」とか、

「ちょっと保険に入りすぎかな?」などと

感じることがあると思います。

 

しかし、いざ解約しようとすると、

「もし明日、大きなケガをしたらどうしよう」とか、

「事故にあったらどうしよう」などと

考え思い切ることができません。

 

しかし、保険は保険。

何もなければ、それまでです。

 

もらわないことが幸せであり、

私たちは不幸が起きないよう

日々気を付けて暮らしています。

 

一方、本当に不幸があったとき、

適正な保険に入っていなければ、

本人、および家族は心と体のダメージだけでなく、

経済的な損失も負うことになります。

 

ですから保険は掛け過ぎてもダメですし、

少なすぎてもダメなのです。

 

 

富田FP事務所では

あなたの家庭に合った

適正な保険を紹介します。

 

保険に入りすぎ、

または不足していると感じている方、

3年以上保険の内容を確認していない方、

既に加入した内容を忘れた方は、

無料で相談に応じますのでご連絡ください。

 

また、控除証明書が届かない場合も、

保険会社へ連絡しますので、ご連絡ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇