知ってトクする最新データ『おせちに関する意識調査』

 (30代から60代の女性対象)

 

こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

 

 

楽天市場では、

30代~60代の女性400名を

対象に「2019年のお正月用おせち」

に関する意識調査を実施しました。

 

「おせち」を楽しむ予定の人は

7割近くいることが分かり、

また、おせちの買い方や

楽しみ方が多様化していることも

伺えました。

 

 

■調査結果の主なトピックス

 

  • 30代~60代女性の7割近くが、

おせちを食べる予定

 

核家族化が進むにつれ、

おせち料理を食べない世帯が

増えたと思われがちですが、

 

30代から60代の女性の67.2%が、

「おせち料理をつくる」

もしくは「購入する」と回答。

 

そして、

おせち料理を楽しむ理由については、

トップ3には

 

「お正月気分が盛り上がるから」(57.6%)、

「毎年の恒例行事だから」(56.9%)、

「お正月の楽しみのひとつだから」(41.3%)

が並び、

平安時代にまでそのルーツを

遡ることができる日本古来の風習が、

現代でも楽しい恒例行事として、

確かに根付いていることが伺えます。

 

 

  • おせちを食べる人のうち、

何らかの形でおせちを

「購入する」人は4人に3人

 

どのような形でおせち料理を

用意するかについては、

「重箱入りおせち料理を購入」

「単品のおせち料理を購入」

という「購入派」が36.1%、

 

購入したおせち料理と

手作りを組み合わせるという

「組み合わせ派」が39.8%、

 

「重箱に詰める料理すべてを

手作りする」「何品か

手作りする」という

「手作り派」が24.1%

という比率に。

 

昔は家庭で手作りしていた

おせち料理ですが、

4人に3人がおせち料理の

購入を予定しているという

実態が明らかになりました。

 

 

  • 三大おせち購入先は、

「スーパー」「百貨店やデパート」

「ネット通販」

 

過去におせち料理を

購入したことがあるという人は、

全体の約6割にあたる229名。

 

その購入ルートを聞いたところ、

最も多いのが

「スーパーマーケット」(52.0%)、

以下「百貨店やデパート」(35.4%)、

「ネット通販」(31.0%)

が続きました。

 

特徴的なのは、

やはり「ネット通販」で、

ネット通販専門のおせち料理店も

増加しています。

 

 

  • 「おせちの写真をSNSに投稿したい」 、

30代女性の4~5人に1人

 

「今後やってみたい、おせち料理の楽しみ方」

について聞いたところ、

 

「ワンプレートに盛り付ける」

「お気に入りの重箱に盛り付ける」

といった「自分流のアレンジ」が

高い数字を記録。

 

この背景には、ビジュアル重視の

SNSの普及があると考えられます。

 

「おせち料理の写真をSNSに投稿する」

と回答した割合は、

30代女性で23.0%に達しました。

 

4人から5人に1人は、

年の始めに、おせち料理の

写真をSNSにアップしたいと

考えているようです。

 

 

みなさんのおせち料理は

どうですか?

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇