こんにちは、
『家計の健康促進パートナー』
富田FP事務所です。
 
 
今日は、年末の大掃除に役立つ
豆知識をご紹介します。
 
アルカリ性の重曹が得意なのは、
油汚れなど酸性の汚れ。
 
 
一方お酢は酸性なので、
水垢などのアルカリ性の
汚れを落とします。
 
それぞれ別々に掃除に
使えるのですが、
重曹にお酢をプラスすると、
パワーアップするのを
ご存知ですか?
 
重曹とお酢を混ぜ合わせると、
化学反応をおこして発泡します。
 
この泡が、
汚れを一気に浮かせて
落としてくれるというわけです。
 
 
合わせる比率はおおよそ、
重曹:お酢=2:1
 
お酢は穀物酢、
重曹は掃除用の安いもので
十分効果を発揮します。
 
 
例えば、
排水口のヌルヌル汚れには、
直接重曹を振りかけ、
 
次にお酢を振りかけます。
 
泡が出てきたら
そのまま30分ほど放置。
 
熱湯をかけて洗い流すと、
 
スッキリ☆
 
 
ガスコンロや五徳の汚れには、
食器用洗剤で重曹を溶き、
お酢を加えて泡が出たら、
直接塗って15分ほど放置。
 
その後、ブラシでこすると
頑固な汚れも落とせます。
 
 
他にも、仕上げ磨きや、
シンクの掃除、浴槽の汚れなど、
用途はさまざま。
 
ただし重曹とお酢を
掃除に使うときは、
アルミや大理石には使用しないこと。
 
他の洗剤と混ぜないように
注意が必要です。
 
年末の大掃除に、
環境にやさしい重曹と
お酢を活用してみては
いかがでしょうか。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇