海外で約2万人が病気や犯罪、事故等に遭遇

 

「名所めぐりをしてショッピング、

三ツ星レストランで食事、それから…」と、

楽しい海外旅行を

予定されている方も多いのでは

ないでしょうか。

 

 

海外旅行者数は昨年2017年には

1789万人もの人が渡航し、

人口の1割を超える人が海外へ

出向いてます。

 

その一方で、旅行先で疾病、

事故、犯罪被害などに遭遇する人は

後を絶ちません。

 

 

外務省の「海外邦人援護統計」

によると、2016年に件数で

年間1万8566件、

人数で約2万人もの方が

病気や犯罪、事故等に

遭遇しています。

 

 

数字だけを見ると

海外旅行者数の1%程度と

なっていますが、

この数値は大使館や

総領事館等に届出が

あったもののみですから、

 

実質数はその数倍に

達するだろうと推測されています。

 

 

楽しく、快適な旅行とするために、

外務省の「海外生活における

安全対策の基本的心構え」の中から

いくつか紹介してみましょう。

 

  • 予防に努める

事件、事故、災害等に

巻き込まれないよう、

普段からの心掛けこそ

が有効な予防手段であることを

肝に銘じることが大切です。

 

  • 安全のための三原則の順守

「目立たない」

「行動を予知されない」

「用心を怠らない」。

ご家族内でも、

是非この三原則について

意識する機会を設けることを

お勧めします。

 

  • 住宅(ホテル)の安全確保

住居の安全を確保することは

安全対策の中でも最優先事項です。

その選択に際しては、

十分な安全対策が

講じられているかを確認

されることをお勧めします。

 

 

日頃健康に自信がある方でも、

習慣や文化の違う海外では、

体調を崩すことも十分

考えられます。

 

とくに、海外の医療事情は

日本とは異なっており、

思いがけない高額な医療費を

請求されることがあるので

注意が必要です。

 

私たちは、ついつい

『自分は大丈夫だろう』と

考えがちですが、

やはり「備えあれば憂いなし」です。

 

どうぞ楽しいご旅行を♪

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇