介護利用料3割負担!?2018年8月介護保険の変更ポイント

こんにちは

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

 

明日から公的介護保険が

一部変更になります。

 

介護費用は

所得の高い高齢者を対象に

2割→3割

引き上げられます。

 

 

介護保険の利用者は

現在、約496万人おります。

 

介護保険の利用者の多くは

1割負担です。

 

介護保険利用者の中でも

現役世帯並みの所得がある方が

45万人程度おり、

その方については、これまで

介護利用料は2割負担でした。

 

2割負担の方の中でも

さらに高所得の方(約12万人)は

利用料が3割になります。

 

今回の変更は、

少子高齢化による

社会保障費の負担が増加する中、

介護保険を変更することにより

制度を持続させることを

目的としております。

 

今後、ますます負担額が

増加するかもしれません。。。

 

利用料が上がる方にとっては

家計を圧迫することにもなるでしょう。

しかし、申請すれば

高額介護サービス費による

払い戻しを受けることができます。

 

世帯の介護費用を合算し

ひと月の負担額が

44,400円を超える場合

払い戻しを受けることができます。

 

ただし、払い戻しができる費用は

公的介護保険の対象となる

介護サービスになりますので

ご注意ください。

 

お金のこと、社会保障のことなら

「ゼロからでもできる資産造りの教科書」

でも学べます。

ダウンロードは無料ですので

ぜひご覧ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
貯金,預金,学資保険,学費準備,子育て,教育費,
ライフプランニング,家計相談,無料相談,ファイナンシャルプランナー,
老後資金,投資信託,iDeCo,つみたてNISA,仮想通貨,ビットコイン,
生命保険,損害保険,資産運用,東京,荒川区, 南千住,べるぽーと汐入 ,
富田FP事務所,FPサロン,フォーチュンフィールド,子育て世帯専門,貯蓄額ゼロ,
積立投資プランニング,保険相談,節税、法人保険、社長保険、コンサルティング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA