個人事業主が受けられる 補助金や助成金

こんにちは
『家計の健康促進パートナー』
富田FP事務所の富田です。
 
 
今回は、
個人事業主が受けられる
補助金や助成金について
ご紹介いたします。
 
 
事業を行うためには
お金が必要になります。
返済不要な補助金や助成金が
あれば受けたいものです。
 
 
補助金は、事業を行うための
経費等に対し支払われます。
 
審査があるため事業計画書などの
作成が必要になります。
補助金を受給するためには
募集期間中の応募が必要です。
ただし補助金には予算があるため、
要件を満たせば
必ず受給できるものではなく、
募集期間中でも予算を超えたら
受付を終了します。
 
具体的には、
 
・地域創造的起業補助金
新たな需要や雇用の創出等を促し、
日本経済を活性化させることを目的に、
新たに創業する人に対し補助金が
支払われます。
 
・事業承継、再編、統合促進補助金
設備投資や既存企業の改革、
新事業の展開、再編、統合などに
かかる費用を支援する補助金です。
「ベンチャー型事業承継等の経営革新タイプ」は
事業承継を伴う経営革新の
取り組みを支援します。
 
・ものづくり補助金
生産性向上に資する革新的な
サービス開発・試作品開発・
生産プロセスの改善を行うための
設備投資等を支援する補助金です。
「企業間データ活用型」は
複数の事業者間でデータや情報を
共有し、新たな価値の創造や生産性を
向上するプロジェクトを支援します。
 
IT導入補助金
ソフトウェアやクラウドなど
IT導入関連費用を支援します。
 
 
 
次に、助成金は補助金とは異なり、
条件を満たせば基本的に
受給することができます。
 
・キャリアアップ助成金
パートやアルバイトなど、
非正規社員のキャリアアップを
促進する取り組みに対し助成されます。
キャリアアップ助成金には、
 ①正社員化コース
 ②賃金規定等改定コース
 ③健康診断制度コース
 ④賃金規定共通化コース
 ⑤諸手当制度共通化コース
 ⑥選択的適用拡大導入時処遇改善コース
 ⑦短時間労働者労働時間延長コース
の7つあり、助成金額はそれぞれ異なります。
 
・人材開発支援助成金
雇用保険の被保険者に対し、
職務に関連する専門的な知識や技術を
習得させるための職業訓練等を行った場合、
その費用や賃金を助成されます。
 
・トライアル雇用助成金
様々な理由から就職が困難な求職者を
ハローワーク経由で一定期間
試行雇用した場合に支給される助成金です。
 
・特定求職者雇用開発助成金
高年齢者や障害者などの就職困難者を
ハローワークの紹介により、
雇い入れる事業主に対して助成されます。
 
・中企業退職金共済制度の助成金
中小企業退職金共済を新たに導入した場合、
掛け金に応じて助成金が支払われます。
また、既に中小企業退職金共済を
導入している会社が掛け金を増額した場合も
助成金が支払われます。
 
 
 
詳しくは、次のサイトをご覧ください。
 
補助金や助成金の仕訳のことも
書かせていただきました。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
『家計の健康促進パートナー』
 
富田FP事務所では  
 
子育て世帯専門+地域特化型の
 
ファイナンシャルプランナーで 
 
 ^^^^^^^^^^^^^^^^
創業から11年間、
 
7,500件以上の
 
コンサルティング実績で
^^^^^^^^^^^^^^^^
 
確かな専門性から、
 
各家庭に最適なご提案を
 
 
1人1人、1家族1家族の
 
ライフプランに特化して行なっています。
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
只今!
 
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
 
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA