年間65,000円の食品を捨てている?

こんにちは

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

 

 

あなたは、毎日の節約を

心がけていますか?

 

少しでも安いスーパーに

行ったり、特売品を買い

だめすることもありますよね。

 

その買いだめ、実は注意が必要です。

 

それは、洗剤やトイレットペーパー

とは違い、食品には賞味期限

があるからです。

 

うっかり賞味期限を

過ぎてしまってゴミ箱に!

なんてことも一度や二度では

ないのではないでしょうか。

 

京都市によると、一世帯4人

から出される、まだ食べられる

のに捨てられる食品は、

金額換算で年間6万円

だそうです。

 

これを処理する費用が5000円。

一世帯が年間6万5000円を

捨てていることになります。

 

まさか、一万円札をゴミ箱に

捨てる人はいませんよね。

 

でも、賞味期限切れの食品なら、

簡単にゴミ箱に入れてしまいます。

 

まだ食べられるのに捨てられる

運命にある食品のことを

食品ロス」と呼びます。

 

節約を考える一歩として、

「食品ロス」を減らすことも

重要なポイントになりそうですね。

 

 

この記事は食品ロス問題専門家の

井出留美さんの記事を参考に

させていただきました。

参考サイト

 https://mrs.living.jp/k_life/article/2653871

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

 

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所では  

子育て世帯専門+地域特化型の

ファイナンシャルプランナーで 

 

 ^^^^^^^^^^^^^^^^

創業から12年間、

7,500件以上の

コンサルティング実績で

^^^^^^^^^^^^^^^^

 

確かな専門性から、

各家庭に最適なご提案を

 

1人1人、1家族1家族の

ライフプランに特化して行なっています。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
只今!
 
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
 
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

貯金,預金,学資保険,学費準備,子育て,教育費,
ライフプランニング,家計相談,無料相談,ファイナンシャルプランナー,
老後資金,投資信託,iDeCo,つみたてNISA,仮想通貨,ビットコイン,
生命保険,損害保険,資産運用,東京,荒川区, 南千住,べるぽーと汐入 ,
富田FP事務所,FPサロン,フォーチュンフィールド,子育て世帯専門,貯蓄額ゼロ,
積立投資プランニング,保険相談

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


MENU