子どもの英語教育は何歳から?

こんにちは。

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

 

2020年度からの

英語の正式教科化に伴い、

成績評価も行われる

ことになりました。

 

現在小学校5、6年生で

行われている「外国語活動」

は小学校3、4年になります

 

英語教育の時期も早まり、

親としては心配ですよね。

 

それでは、英語教育はいつから

始められるのでしょうか。

 

また、それぞれの年齢で

始める利点は何でしょうか。

 

実は、英語教育はいつからでも

始めることができます

つまり、0歳から始めら

れるのです。

 

それぞれの年齢で始める

利点を見ていきましょう。

 

0~2歳は、日本語との

区別があいまいなので、

よりナチュラルに英語

とらえられることが

できる時期です。

 

3歳からの英語は、

歌やゲームが多くなるので

英語=楽しいもの」と感じる

子どもが多いものです。

勉強という感覚がなく

始められるのが良いですね。

 

5歳から英語を始める

メリットは、日本語との

混同が少ないということです。

 

小学生から英語を始める

メリットは、すぐに学校

でも英語学習が始まるので、

英語学習の継続が容易な

ことです。

 

いつ始めるにせよ、英語が

好きになって欲しいですね。

 

塾や英会話教室に通うとなると

お金もかかります。

そのための準備も必要ですね。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

 

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所では  

子育て世帯専門+地域特化型の

ファイナンシャルプランナーで 

 

 ^^^^^^^^^^^^^^^^

創業から12年間、

7,500件以上の

コンサルティング実績で

^^^^^^^^^^^^^^^^

 

確かな専門性から、

各家庭に最適なご提案を

 

1人1人、1家族1家族の

ライフプランに特化して行なっています。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
只今!
 
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
 
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

貯金,預金,学資保険,学費準備,子育て,教育費,
ライフプランニング,家計相談,無料相談,ファイナンシャルプランナー,
老後資金,投資信託,iDeCo,つみたてNISA,仮想通貨,ビットコイン,
生命保険,損害保険,資産運用,東京,荒川区, 南千住,べるぽーと汐入 ,
富田FP事務所,FPサロン,フォーチュンフィールド,子育て世帯専門,貯蓄額ゼロ,
積立投資プランニング,保険相談

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA