東海道の道幅をご存じですか

各県の独特の習慣や食べ物を紹介する

テレビ番組が根強い人気を誇っています。

 

隣の県なのに「こんなものを食べているの!」

と驚かされた経験のある方も

多いのではないでしょうか。

 

車や電車でならばわずかな時間で

行ける地域なのに全く風習が

異なるのはなぜなのでしょう?

 

弥次さん喜多さんで有名な

東海道は江戸時代、上方と江戸を結ぶ

最も重要な幹線道路でした。

 

その道幅ですが大きな宿場町の

近くでは6~10メートル程度と

それなりの幅があったようですが

町を離れるにつれ狭まり、

3、4メートル程度になっていたようです。

 

東海道でさえこんな状態ですから

他の街道はもっと細い道幅で

あったのは予想できます。

 

地方に行けば集落と集落は

現代の我々の感覚から言えば

「あぜ道」で結ばれているような

ものだったのです。

 

そんな状況ですから

日常的な交流も現代と比べると

非常に少なく、それぞれ限られた

地域でそれぞれの習慣が

育つ要因となりました。

 

狭いようで広い日本、

テレビだけでなくその地に実際に行き、

それぞれの土地の風情を

味わってはいかがでしょうか。

 

家族や友人と、美味しい食べ物を

目当てに訪問するというのも、

楽しいでしょうね。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

只今!
 
ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
 
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

貯金,預金,学資保険,学費準備,子育て,教育費,
ライフプランニング,家計相談,無料相談,ファイナンシャルプランナー,
老後資金,投資信託,iDeCo,つみたてNISA,仮想通貨,ビットコイン,
生命保険,損害保険,資産運用,東京,荒川区, 南千住,べるぽーと汐入 ,
富田FP事務所,FPサロン,フォーチュンフィールド,子育て世帯専門,貯蓄額ゼロ,
積立投資プランニン
,保険相談、節税、法人保険、社長保険、コンサルティング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA