意外に古い「接待」の歴史 

最近はあまり聞かれなくなった

言葉ですがかつては「社用族」

と呼ばれる人達が高級な飲食店では

幅を利かせていたものです。

 

仕事を円滑に進めるため、

取引先と飲食して親密な関係を

構築しようという人達が夜の街では

そこかしこで見られました。

 

取引先や関係者を「接待」する

という行為ですが、わが国では

実は千年以上前から行なわれていた

というから驚きです。

 

平安時代、それぞれの地方には

現在で言えば知事にあたる

国司(こくし)とよばれる役人が

おかれていました。

 

都から新しい国司が来ると決まれば、

その土地の有力者は村をあげて

国司一行を飲めや歌えで歓待し、

親しい関係を作ろうとしました。

 

一方、役人の側も、

それぞれの村で祭り等の

特別な行事があるときは、

農民たちに対して酒や肴を出して

ご機嫌をうかがいました。

 

村がもてなすときは「村」の経費で、

また役所がもてなすときも「官」の

経費で行なわれており、

お互いに相手と飲食を通して

親しくなるというのは

立派な仕事だったのです。

 

人間が生きていく中で「食べる」

という行為は最も重要かつ

基本となるものです。

 

同じ席に着き、同じ物を

共に食べて飲むことで

互いの距離が縮まる、これは

古今東西変わらない法則です。

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

只今!
 
ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
 
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

貯金,預金,学資保険,学費準備,子育て,教育費,
ライフプランニング,家計相談,無料相談,ファイナンシャルプランナー,
老後資金,投資信託,iDeCo,つみたてNISA,仮想通貨,ビットコイン,
生命保険,損害保険,資産運用,東京,荒川区, 南千住,べるぽーと汐入 ,
富田FP事務所,FPサロン,フォーチュンフィールド,子育て世帯専門,貯蓄額ゼロ,
積立投資プランニン
,保険相談、節税、法人保険、社長保険、コンサルティング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

日本人と「お酒」