何事もさじ加減が大事

NHKの大河ドラマなどでよく見る

シーンに合戦がありますね。

 

あの中で武士たちが着ている

鎧甲の重さがどれぐらいあるか

ご存じですか? 

 

種類によって違いますが、

およそ20~30キロはあったようです。

 

そんな重さを背負い、

よくあれだけ動けるものだと

感心するのですが、

当時の人もそれは同じでした。

 

テレビや映画では鎧甲を身にまとった

武士たちが戦いの場所に向かって

行進するようなシーンが

よく見られますが、あれは少々

おかしいところがあります。

 

鎧甲は戦いの直前まで

身につけることはなく、

戦場までは平服だったのです。

 

あんな重いものを付けて

何時間も歩けるはずなどないのは

考えれば当たり前のことです。

 

歴史を見ると、まだ敵がいないと

思って平服でいたところを

攻められて負けてしまった

ケースがけっこうあります。

 

反対に早くから重い鎧甲、甲冑を

身につけて、疲れていたところを

攻められて負けるという

ケースも多いのです。

 

あまり早くから準備しても、

体力的にも精神的にも

緊張が持続しません、

かといって準備不足では

何事も成就しないでしょう。

 

さじ加減が大事なのは

古今東西変わりません。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

只今!
 
ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
 
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

貯金,預金,学資保険,学費準備,子育て,教育費,
ライフプランニング,家計相談,無料相談,ファイナンシャルプランナー,
老後資金,投資信託,iDeCo,つみたてNISA,仮想通貨,ビットコイン,
生命保険,損害保険,資産運用,東京,荒川区, 南千住,べるぽーと汐入 ,
富田FP事務所,FPサロン,フォーチュンフィールド,子育て世帯専門,貯蓄額ゼロ,
積立投資プランニン
,保険相談、節税、法人保険、社長保険、コンサルティング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA