乳幼児医療費助成について

 

<乳幼児医療費助成について>

 

こんにちは!

ファイナンシャル・プランナー

の富田です。

 

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんは

やはり弱いもので、

特に乳幼児期は病気しがちです。

 

 

 

そのため、

乳幼児が医療機関を受診した際に、

その費用を一部、

あるいは全額を

自治体が助成してくれる

制度があります。

 

 

 

それを乳幼児医療費助成と

いいます。

 

 

 

対象条件は、

乳幼児が健康保険に

加入していること。

もし、加入が遅れた場合でも

さかのぼって助成を受けられる

自治体もあります。

 

 

 

お金の流れについては

2パターンあり、

健康保険証と乳幼児医療証を

窓口で提示すればよい場合、

一旦、窓口で全額支払った後、

申請すると返還される場合と

あります。

 

 

 

自治体によって、

対象年齢や助成額が異なったり、

他の自治体の医療機関を

受診した場合は

認められないこともあるので、

詳細については

お住いの自治体に

確認するといいでしょう。

 

 

 

また、乳幼児医療費助成の他に、

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

未熟児養育医療制度

…生まれてすぐに

入院治療が必要な

赤ちゃんのための制度

“特定の医療機関”で受診したとき、

医療費を援助してくれる

 

小児慢性特定疾患の医療費助成

…国が指定した疾患

(小児慢性特定疾患)の

診療にかかる費用を

自治体が支援してくれる

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

などがあります。

 

 

 

自治体によって

条件や助成額が異なるので、

最新の情報をチェックするように

しましょう。

 

 

 

最後までお読みいただきまして、

ありがとうございます。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

只今!
 
ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
 
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

貯金,預金,学資保険,学費準備,子育て,教育費,
ライフプランニング,家計相談,無料相談,ファイナンシャルプランナー,
老後資金,投資信託,iDeCo,つみたてNISA,仮想通貨,ビットコイン,
生命保険,損害保険,資産運用,東京,荒川区, 南千住,べるぽーと汐入 ,
富田FP事務所,FPサロン,フォーチュンフィールド,子育て世帯専門,貯蓄額ゼロ,
積立投資プランニン
,保険相談、節税、法人保険、社長保険、コンサルティング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA