高齢となり認知症などがすすむと、

預貯金や不動産などの

財産管理や高齢者施設に

入所する際の契約の締結など、

様々な場面において、

判断することが

難しくなる場合があります。

 

成年後見制度とは、

認知症や知的障害、

精神障害などで判断能力が

低下した人のために、

後見人等をつけて、

財産の管理やその他の契約などを

サポートするための制度です。

 

成年後見制度には、

法定後見と任意後見

の2種類があり、

法定後見には判断能力により

「後見」「保佐」「補助」

の3つがあります。

後見人がつくと、

例えば本人がよくわからずに

商品を購入してしまった場合でも、

後見人がその売買契約を

取り消すことができます。

 

成年後見制度については、

各自治体の福祉課や

社会福祉協議会、

地域包括支援センターなどが

相談に応じている場合が

多いようです。

〔法定後見制度の概要〕

 

 

初回無料相談は↓

http://1af.jp/zerocon/