大学にかかる費用総まとめ!4年間の合計は?

 

 

こんにちは

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

 

 

高校を卒業後、大学へ進学する割合は

5割を超えています。

 

少しでも就職に有利であれば、

子どもの夢が叶うのであればと、

子どもを大学まで卒業させたい

というご父母の方はとても多いです。

 

 

しかし、大学は義務教育では

ありません。

費用が思いのほかかかるのも

事実です。

 

 

それでは、どのくらいかかるのでしょうか。

 

国立、公立、私立文系、私立理系、私立医療系

それぞれを見てみましょう。

 

 

まず、大学に入学するとき

入学金がかかります。

 

国立大学の入学金の平均は

282,000円です。

 

公立大学の場合、出身地域内か否かで

金額が異なり、

出身地域内の場合、230,186円

出身地域外の場合、394,225円です。

 

私立大学の入学金は

文系で、234,763円

理系で、256,208円

医療で、1,013,054円です。

 

 

次に、年間の授業料や施設料です。

 

国立大学の場合、

授業料の平均は、535,800円

施設料は15万円程度

 

公立大学の場合、

授業料の平均は、538,294円

施設料は15万円程度

 

私立文系の場合、

授業料は758,854円、

施設料は、157,246円。

 

理系の場合、

授業料は1,071,560円、

施設料は、190,565円

 

医療系の場合、

授業料は2,896,848円、

施設料は、883,026円

 

私立の医療系は高額ですね。

 

ちなみに国公立大学なら

医療系であっても同額です。

 

なお、私立大学の場合、授業料や施設費以外に

同窓会費や後援会費、父母会費などの

諸費用がかかる場合があります。

 

 

これらを合計すると、

入学初年度にかかる費用の平均は、

国立大学は967,800円

公立大学(地域内)は918,480円

公立大学(地域外)は1,082,519円

私立文系は1,150,863円

私立理系は1,518,333円

私立医療系は4,792,928円

かかります。

 

 

4年間(医療系は6年間)合計すると

国立大学は3,025,200円

公立大学(地域内)は2,983,386円

公立大学(地域外)は3,147,401円

私立文系は3,899,163円

私立理系は5,304,708円

私立医療系は24,692,298円

です。

 

 

結構高額ですね。

 

実際、大学の費用は学費だけでなく

下宿する場合には、仕送り代、

下宿しなくても、子どもの生活費

実習等で都度生じる学用品代

スポーツやサークル等の費用なども

かかってきます。

 

大学のための資金準備は

早めに始めましょう。

 

 

計画的なお金の貯め方は

「ゼロからでもできる資産造りの教科書」

の第2章で学べます。

大切な子どものために

ぜひご一読ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
只今!
「ゼロからでもできる 資産造りの教科書」
無料プレゼント中!
 
詳しくは
 
↓↓↓↓↓↓
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
最後までお読みいただき
 
ありがとうございます。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

貯金,預金,学資保険,学費準備,子育て,教育費,
ライフプランニング,家計相談,無料相談,ファイナンシャルプランナー,
老後資金,投資信託,iDeCo,つみたてNISA,仮想通貨,ビットコイン,
生命保険,損害保険,資産運用,東京,荒川区, 南千住,べるぽーと汐入 ,
富田FP事務所,FPサロン,フォーチュンフィールド,子育て世帯専門,貯蓄額ゼロ,
積立投資プランニング,保険相談,節税、法人保険、社長保険、コンサルティング