こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

 

 

豊かなセカンドライフを送る為に、

「年金がいくらもらえるか」

はとても気になりますね!

 

 

年金の基本支給年齢が、

65歳だということは、

先日書きましたね。

 

 

では、今65歳の方は、

いくら年金がもらえるのでしょうか?

 

 

と、その前に、年金の種類について

図でご紹介しましょう。

日本年金機構よりお借りしました。

 

 

まずは、図の赤○部分。

「国民年金」です。

 

 

20歳以上のすべての人が、

支払わなければならない!

という、年金です。

 

 

ですので、20歳から60歳まで

きちんと納めていれば、

支給対象年齢になったら(現在は65歳)

すべての人がもらう事が出来ます。

 

 

厚生年金加入者の

扶養に入っている方は、

自分で支払う必要はありません。

 

 

では、いよいよ、この国民年金

いくらもらえるのでしょうか

 

 

というと、

 

 

月額 64,941円(満額)

年額にすると 779,300円

となります。

 

 

年金受給している世代の

1カ月の生活費は、

平成29年の総務省の調べによると

夫婦世帯で月平均 約24万円

 

 

夫婦で、国民年金を

満額もらっていても

月額 約13万円ですので

全然足りませんね・・・。

 

 

その為に、図の中の

2階の部分があるのですね。

 

 

次回は、この2階部分の

年金についてお話ししていきます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

 

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所では  

子育て世帯専門+地域特化型の

ファイナンシャルプランナーで 

 

 ^^^^^^^^^^^^^^^^

創業から12年間、

7,500件以上の

コンサルティング実績で

^^^^^^^^^^^^^^^^

 

確かな専門性から、

各家庭に最適なご提案を

 

1人1人、1家族1家族の

ライフプランに特化して行なっています。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

只今!初回無料コンサル実施中!

詳しくは

↓↓↓↓↓↓

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

貯金,預金,学資保険,学費準備,子育て,教育費,ライフプランニング,

家計相談,無料相談,ファイナンシャルプランナー

老後資金,投資信託,iDeCo,つみたてNISA,仮想通貨

ビットコイン,生命保険,損害保険,資産運用