こんにちは、

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所です。

 

 

 

3月15日確定申告の期限ですね☆

 

 

給与所得者(サラリーマン)でも、

確定申告をした方が、得をする場合について、

昨日に引き続きお話ししたいと思います。

 

 

<途中退職された方>

 

年の途中で退職されて

年末調整を受けてない場合も

確定申告される事をオススメします。

 

 

だいたい多く源泉徴収されていますし、

また生命保険料控除などがある場合は

その分も税金が戻ってくる可能性が高いです。

 

 

<年末調整で控除書類を提出忘れた方>

 

ご家族や、ご自分の「国民年金」

を支払ったりはしていませんか?

 

 

源泉徴収されている以外の

「社会保険料」を支払った場合

社会保険料控除の対象になりますので

確定申告して還付を受けましょう。

 

 

また、2年目以降の住宅ローン控除で

書類の提出を忘れた場合や、

 

 

保険料控除の申告を忘れた場合

確定申告で還付金請求をすることが

できます。

 

 

<ふるさと納税をされた方>

 

ふるさと納税の還付申告は

年末調整で行えます。

 

 

しかし、12月など、

会社の年末調整が終わったあとに

行ったふるさと納税は確定申告が

必要になります。

 

 

納税を行った自治体から

寄付金の証明書が届きますので、

マイナンバーや本人確認書類と

ともに、還付申告を行いましょう。

 

 

 

さて、年末調整だけでも、

やらないとお金が戻って来ないことが

いろいろありますね。

 

 

お金の事は、知識を持つことが

とっても大切です。

 

 

富田FP事務所では、

よりよい家計形成のためのお手伝いを

させて頂いています。

 

 

是非「無料相談」をご利用ください♪

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

 

『家計の健康促進パートナー』

富田FP事務所では  

子育て世帯専門+地域特化型の

ファイナンシャルプランナーで 

 

 ^^^^^^^^^^^^^^^^

創業から11年間、

7,500件以上の

コンサルティング実績で

^^^^^^^^^^^^^^^^

 

確かな専門性から、

各家庭に最適なご提案を

 

1人1人、1家族1家族の

ライフプランに特化して行なっています。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

只今!初回無料コンサル実施中!

詳しくは

↓↓↓↓↓↓

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

貯金,預金,学資保険,学費準備,子育て,教育費,ライフプランニング,

家計相談,無料相談,ファイナンシャルプランナー

老後資金,投資信託,iDeCo,つみたてNISA,仮想通貨

ビットコイン,生命保険,損害保険,資産運用