がんを告知された患者さんが

医師に嘆きました。

 

「ネットで調べたら

私のがんはタチが悪く

治癒率は20%という

統計データがあるそうです。

もう私は治りません。

苦しい治療はけっこうです」。

 

その医師は患者さんに

こう答えました。

 

「確かに20%という

データはあります。

しかし、それは、あくまで

統計上のものです。

逆に言えば、

5人に1人が治るのですから、

あなたがその1人になれば

いいのではないですか?

あきらめないで、

私と一緒にがんばりましょう」。

 

患者さんはその後、

厳しい治療に耐え、

病気を克服し、

普通の生活に戻ることができました。

 

困難な状況に直面したとき、

もうダメだとあきらめてしまっては

そこで途は閉ざされてしまいます。

 

資格の取得をしたい人が、

「合格率5%?20人に1人しか

合格しないのならムリだ」と、

最初からあきらめてしまっては

夢は達成できません。

 

常に希望を忘れず、

事にあたっていきましょう。

自らの可能性にかける、

そんな生き方をしたいものですね。

 

 

 

初回無料相談は↓

http://1af.jp/zerocon/